足の親指の爪垢はナゼ臭い? でも嗅いでしまう癖は直らない!

Pocket

ふと足の親指に溜まったカスをほじくりだして嗅いでみると
何とも言えない臭い(チーズ臭い?)が漂います。

臭いと分かっているのに、ほじくらずにはいられない!
そしてついつい臭いを嗅いでしまいます。

しかも手の爪でほじくろうものなら、カスの臭いが手にまで移ってしまい
猛烈に手洗いしたくなります(笑)

そんな止められない足の親指の爪垢ほじりですが、
なぜそこまで臭うのでしょうか?

Sponsored Link




足の親指の爪は雑菌だらけ!

足の親指の爪垢 臭い

本来人間の皮膚(特に足裏)は角質層が厚くなっており、
歩いたり走ったりすると汗や靴下との摩擦により角質が剥がれ落ちてきます。

そしてこれが垢(アカ)と呼ばれるもので、
これに皮脂や汗が混ざることで雑菌が繁殖し臭いを発します。

ブーツや革靴を長時間履き続けるとムレて臭くなることがありますよね!

足自体は入浴時に毎日洗っていれば、さほど臭くなることはありませんが
足の指の爪垢は別格です!

爪の中は、それ専用のブラシや爪楊枝などで垢を掻き出さないと
通常の足洗い程度では垢は落ちていきません。

湯船につかっても足指(特に親指)は爪に頑丈に守られている為
垢が外に出て行かず詰まったままの状態になるんです。

これが一日二日、一月二月と溜まっていき、
雑菌が爆発的に増えていき、猛烈な匂いを発する爪垢の完成!
というわけです。

ちなみに私はこの臭いが決して嫌いなわけではなく
つい嗅いで「くっさー!」と一人で盛り上がってます(笑)

私の様に臭いに興奮を覚える?場合を除き、
臭いを解消したいという方は以下の方法を試してみてください(^^)/


爪垢を溜めずに清潔に保つ方法


●爪を短く切る


深爪とまではいきませんが、小まめに爪を切ることで垢が溜まらない
状態をつくります。

これが方法としては一番お勧めで、安全で、確実なやり方だと思います。

「なんだそんな事か(ガッカリ)」と思わずに、まずは爪を小まめに切る
習慣をつけていきましょう。

手の爪はマメに切っても足はおろそかという人は意外にいます。


●スプレーやデオドランドクリームを常に塗っておく
 

今は足専用のスプレーやクリームが出てますよね!
銀イオン(AG)などが含まれているアレです。

こちらを足全体+足の爪にまで塗り込んでおくんです。
そうすることで雑菌の繁殖を防ぎ、臭いの元となる菌を除去できます。


●爪楊枝などで垢を定期的に落とす


爪を小まめに切っておけば問題ないのですが、
ワケあって爪を伸ばさざるを得ない場合は、定期的に爪垢を除去する方法しかありません。

しかしこの方法は鋭利な楊枝の先端を使ってほじくるので
勢い誤ると痛い目をみます(;’∀’)
 
楊枝を使う際は十分に気を付けましょう。

Sponsored Link




●追伸
爪垢が臭い人は、総じて汗も臭い傾向にあるそうです。
 
爪垢はよほどの事がないと臭いが他にバレませんが、
体臭は一発でバレます(笑)

爪垢が強烈に臭うな~と感じる方は体臭のニオイケアもお忘れなく(^^♪




Pocket

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ