ドルツ(パナソニック)の電動歯ブラシを購入!その使用感とは?

Pocket

あなたは歯磨きを手動で行いますか?それとも…


衝撃的でした!
昔から手磨きしかしてこなかった歯磨きを思い切って電動歯ブラシにかえて磨いてみたところ、手磨きと比較にならないくらい綺麗に磨けたのです( `ー´)ノ

人生初の電動歯ブラシとして選んだのは「音波振動ハブラシ」という歯周ポケットに潜む歯周病の原因菌をかき出せるという謳い文句で有名?なパナソニック製の「ドルツ」

購入理由は金額の手頃感と持った感じの軽さ!
※他は高かったので諦めました。。

そんなわけで、これから電動歯ブラシを購入しよう、若しくはパナソニック製の歯ブラシを検討中という方には使用感をまとめてみたので参考にしてもらえたらと思います。

ちなみに、既に今現在で同商品を使用しており満足感が得られているのであれば下記の内容はあまり参考になりませんので悪しからず(‘ω’)ノ

購入したもの


ドルツ(パナソニック)の電動歯ブラシ

ドルツ(パナソニック)の電動歯ブラシ

ドルツ(パナソニック)の電動歯ブラシ 装着
※歯ブラシ部分と持ち手が別で、使用時に装着します

ドルツ(パナソニック)の電動歯ブラシ
※充電方法(コンセントに繋ぐだけ)




使い心地は

結論からいうと滑らかな振動でほど良い!というのが使っていての率直な感想。

〝電動”というイメージからもっと強い振動が伝わってくるのかと勝手に想像してましたが決してそんな事はなく、特に歯と歯茎の間の洗浄(歯間洗浄)の汚れを掻き出すのにはうってつけの振動強さです。

また歯茎ケアも簡単です。

手磨きとの違いはやはりハブラシを前後左右に動かすことなく歯磨きが可能なので、とにかく「楽」に尽きます。

超高速な振動で歯に付着している汚れを掻き出すので、手磨きではいくらやっても取れなそうな部分まで綺麗に磨ける感じがします。

歯にハブラシを押し当てるだけで磨けるって素晴らしいです!
これに慣れてしまうと普通の歯ブラシにはまず戻れないでしょう(笑)

なお、歯磨き粉を付けて磨く場合がほとんどだと思いますが、音波振動であれば歯磨き粉を付けなくても問題ありません。歯磨き粉を付けないと磨いた気にならないという場合は別ですが(笑)


お手入れは意外と

電動歯ブラシのお手入れは思っていた以上に簡単でした。
まず洗浄は普通の歯ブラシ同様に使い終わった後に水で綺麗に流すだけです(その際に電源を入れて水を当てながら振動させると汚れがより良く落ちます)

ただし気を付けないといけないのは、振動部分に水をかけると故障の原因になるので上手に洗う自信がない場合は、洗浄時に取っ手部分と歯ブラシ部分を分解して洗うようにしてください。


充電時間や寿命、ハブラシ交換時期

充電時間は正確には分かりませんが、電池が無くなってきたら使用後に電源にさしておけば翌日にはフル充電で使用できます。

充電しない場合でも一日に5分使用したとして一週間程度は使えたと記憶してます。

毎日使っても一回の時間が短いので、充電自体もさほど行いませんし思っている以上にずっと使えそうなので大事に使っていけば数年は使用できるのではないでしょうか(^^♪

というより、むしろ交換しなければいけないのはブラシ部分で、気にならなければ数ヵ月も同様のブラシを使い続けることができますが(メーカー推奨は3ヵ月)、こだわる人は2ヵ月に一回程度は交換しても良いと思います。

歯に押し当てる頻度や強さにも関係してきますが、私個人では2ヵ月過ぎた頃よりブラシが丸まってきます(涙)

小まめに買うのもアリですが、ずっと使い続ける予定であれば電器屋さんの特売日など安く売られている時にブラシをまとめ買いすると良いでしょう。

そもそもの話、メーカー(パナソニック)側では常に新しい電動歯ブラシを発売しているので型落ちとなった機械のブラシをいつまで店頭で購入できるのかも不安が付きまといます。

使用期間(例えば5年)を決めて、その間のブラシをまとめ買いしておくというやり方も無くはないかと思いますね。

Sponsored Link



まとめ

楽して綺麗に歯を磨きたいのであれば金額問わず値頃感のある電動歯ブラシで十分だと思います。パナソニック製歯ブラシのレビューを書いていてなんですが。

歯磨きに高揚感や高い満足感を得たいのであれば機能などにこだわってみるのも良いと思いますが、綺麗に磨ければそれで良い(←私はこれ)というのであれば正直一番安いものでも元は取れます(^^)/

町の電器屋さんやインターネットでも様々売られていますのでじっくり探してみると面白いかもしれません。







Pocket

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ