新語・流行語大賞(ユーキャン)とは? 2014はこれ!!

Pocket

流行語大賞とは


『新語・流行語大賞』とは?

この賞はユーキャンより毎年12月上旬に発表されるその年、一年間に
発生した様々な「言葉」や「表現」の中で、軽妙に世相をついた表現や
ニュアンスをもって一般大衆を賑わせた新語・流行語のこと。

そして、その「言葉」に関わった人物などを毎年表彰しています。


起源

始まりは1984年からで、それなりに歴史があり、
毎年発表前には世の関心を集める話題の一つになっています。

この“言葉”を見ればその年に何が流行したかがわかるもので、
流行に疎い人でも知っている!くらいのインパクトのある言葉、
流行った言葉でないと中々ランクインされません。

ただ、これも諸事情があり色々と裏では操作されている部分もあり
マスコミなど一部でしか使っていないような初めて聞く言葉や、
話題になったにも関わらずノミネートされていないものがあったりと
選考基準はあいまいなところもあることは否めません。


2014年の要注目!

気になる2014年の流行語大賞は?というと、
豊作だった2013年と違い、あまり世間的に流行った言葉が出てこなかった2014年。

そんな中でも一際注目されたのが、2014年初頭からお笑い界に登場した
ダメよ~ダメダメ」でお馴染みの“日本エレキテル連合

タイタン事務所に所属する、中野聡子・橋本小雪の女性お笑いコンビによる
未亡人朱美ちゃんシリーズ」で繰り出す特徴的な台詞、
ダメよ~ダメダメ!!』が若者を中心に口癖のように流行っています。


しかしこれ以外はあまり目立った話題もなく、選定側としてはノミネート作品もいれて
かなり頭を悩ますことでしょう。

そうなってくると、特に目立ってもいない政治や経済用語なども入ってくるのが
毎年の慣例です。 ムリして入れる必要もないのですが。。


基準が曖昧なことに加え、例えばアニメ・マンガといった中での流行語や
性的描写や犯罪絡みなど、社会的影響があったものなども避けられているようで。

ただ、アニメや漫画が思いのほか入ってこないのは選定委員の
好みによるものなのでしょうか・・・?


さて、振り返ると2013年は
今でしょ」「倍返し」「じぇじぇじぇ」「おもてなし」を筆頭に
多くの有力候補がノミネートされました。

「アベノミクス」や「ご当地キャラ」、「PM2.5」や「ブラック企業」など
多くの話題で賑わった年でした。

2014年もこのくらい出てくると面白いんですけどね^^♪


また近年では、ウェブ版とも言える「ネット流行語大賞(2007年~)」
ケータイ版ネット流行語大賞「ケータイ流行語大賞(2009年~)」が
登場しており、新語・流行語大賞と同時期に発表されており、
こちらも個性豊かな様々な作品が多数あり、楽しめる話題の一つです!


また、流行語にちなんだ商品や関連した書籍も出ています。

おもてなしTシャツ (Amazonより)
おもてなし

いつやるか? 今でしょ! 単行本 (Amazonより)



Pocket

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ