コンプレックスで多い顔・体形(容姿)・お金などの克服・解消法!

Pocket

世の中には様々なコンプレックスを持った方がおり、
私自身も顔などの容姿から性格といった内面まで
上げれば数限りがありません(涙)

しかしながら、そのコンプレックスのせいで
出来る事、やりたい事もできず行動が委縮してしまう人もいます。
私もその一人(;’∀’)

これは他人の目を気にする人に多い傾向ですが、
他者を重んじて思いやりのある性格の場合に強く
人として決して悪いものではありません。 ※自己防衛(笑)

ではそのコンプレックスとどう付き合えば良いのか、
どのようにして解消・克服していけば良いのか色々調べてみましたので
是非参考にしてみてください。



Sponsored Link




なぜ人は劣等感(コンプレックス)を抱くのか?

コンプレックスで多い顔・体形(容姿)・お金などの克服・解消法

コンプレックスとは単純に言うと、
人(他人)と比べる事で生まれる劣等感のため、気にすれば
何に対してもコンプレックスは生まれます。

そしてコンプレックスが生まれるキッカケとなる原因として
一番多いのが他人からの指摘です。

容姿ひとつとっても、外見を誰かに馬鹿にされたことや
モテない事、カッコ悪い事、綺麗じゃない事を直接、
若しくは間接的に聞いたり言われたりしただけでコンプレックスは生まれます。

そして厄介なのは、一度自身のコンプレックスを自覚してしまうとそこから波及して他の様々な部分に対しても気になってしまい、
しまいには自分で欠点を探し始めてしまう行動までおこします・・・


自分自身に劣等感を抱くと、何に対しても自信がなくなり
日々のモチベーションは下がり何をやっても上手くいかないといった
悪循環に陥ります。

そうならない為にも、今あるコンプレックスは解消して
今後はコンプレックスを抱かないような精神状態を作ることが重要です!


逆に言えば「コンプレックスを抱かないような精神状態」を作れない事には
いくら容姿が良く、お金があって他人から見て完璧に思えても
自身では常に何かしらのコンプレックスを抱くことになります。


では、どのようにしてコンプレックスを克服・解消していけば良いのか
方法をご案内します!

↓  ↓  ↓


簡単・便利なコンプレックス克服・解消法はこちら!

コンプレックス克服・解消法

まずは自分はこれだけは他の人に負けないというものを作ることが
コンプレックスの克服はもちろん、
自身の価値を高めるうえでも大切です!

これはよく言われることですが、不変的な克服法と思われます。


他の人に負けないもの”というのも様々ありますが、
容姿や頭脳など人前で声高に自慢できるようなものでなくて構いません。

例えば「プレゼント用の包装が得意
とかそんな些細なことで大丈夫なんです。

そこから「私はラッピングのセンスがある」
「手先が器用」「美的センスが抜群」という形で繋げることで
些細なことから多方面へ繋がる自信になります。

一種の自己暗示ですね(‘ω’)ノ



そして二つ目の克服法は
「コンプレックスを受け入れる」ことです。

他人と自分は全く違う生き物ですし、
生まれた環境、遺伝子も全て違うわけですから、
同じ物差しで測ること自体がおかしい! 

と、考えてみてください(‘ω’)

そしてコンプレックスの対象となる人と比べ
自分はどこが勝っているのかを探してみてください。

容姿や経済力で劣っていると感じるのであれば
性格など内面で勝負すれば良いですし、

器用・不器用といったセンスなど、一見して比べづらい部分に着目すると
コンプレックスの対象も見方が変わってくるはずです。

要は勝負する競技を自分の得意なものにする
という考え方です。


そして、もう一つ重要なコンプレックス克服法は
『自分自身を好きになる』

ということです。

決して”ナルシストになれ”と言ってるわけではないです(笑)

例として、顔をあげると
人によって丸顔・スリム顔、鼻が丸い人・スラッとした人、
目が一重・二重、耳が大きい・小さい・・・

上げればキリがありませんが、
まずは自分の顔を誇らしく、愛着を持つことが肝要です。

自分の団子鼻が嫌いという場合は、
愛嬌がある柔らかい表情だ!と自信を持つことです。


性格にしても
他人から「何に対しても細かすぎる人だ」と言われても
それに劣等感を抱くのではなく、

「細かすぎる」→『気遣いができる自分( `ー´)ノ』

というようにポジティブ思考でいるとコンプレックスは抱きません。



Sponsored Link





私自身もコンプレックスの固まりだったことから
色々な局面で劣等感を抱き、人間不信になったこともありましたが
上述したようなことを試してからとても気持ちが楽になりました。

人は損得勘定が常に働いてしまうので
人は人、私は私」といったあっけらかんとした気持ちをもって
日々生活するとコンプレックスは生まれないと思いますよ(^^♪






Pocket

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ