脚の親指の爪が臭いのはナゼ?匂い対策と解決方法がこちら!

Pocket

「足が臭い」というのは汗をかく時期であれよく聞きますが、
時期に関係なく臭い場合は足指の爪垢
原因であることがほとんどです。

実はお風呂でしっかり身体を洗ったつもりでも爪の間まで綺麗に
磨ききるのは中々難しいことです。

服装やメイク、髪型をいくら綺麗に整えても
足が臭い”というだけで人の評価は下がりますし
心ない陰口まで言われる始末・・・( ;∀;)

そんな辛い状況にならない様、
ここでは足の親指の爪が臭くなる理由とその解決法(解消法)を
ご紹介します。

「臭いが気になる~!」
という方は是非参考にしてみてください。



Sponsored Link





足の親指が臭い理由がコレ!

足の親指が臭い理由

実は足の親指は誰でも臭くなります! ←マジか(*_*;

男女関係なく、年齢もほとんど関係なく早い人は小学生あたりから
臭いを発する場合もあるそうです。

主な原因としては親指の爪が変形して、爪の間に垢が溜まることにより
バイ菌・雑菌が繁殖し臭くなると言われてます。

じゃあ親指が変形しなければ良いのか?と思いがちですが、
そもそも人の足の親指(爪)は周りの指に食い込むように
爪が伸びていきますので変形を防ぐことはほぼできません。

なぜそうなるかと言うと、人は靴を履く際、足を内側に
丸め込むような形で固定されてしまう為、靴を履いて生活している以上
爪が変形していくのは防げないんですね。

そして、その形で長時間いると爪の変形だけでなく、ゴミや垢が溜まり
そこからバイキン・雑菌が繁殖していきます。
これが臭いの元です!

つまり原因の一つは爪の変形なんです。

ただ、「靴を履くな!」ということは日常生活では難しい為
これは防ぎようのない原因といえます。



原因の二つ目は汗と皮脂です。

長時間靴下や靴を履いていると雑菌が大量に繁殖し、悪臭が染みつく為、
少し洗った程度では匂いは落ちません。

洗った瞬間は石鹸の香りがしてても、しばらくするとすぐに悪臭が
漂ってきます。

ちなみに、夏はもちろん冬でも靴の中の湿度は
90~100%近いと言われてます。ほとんどサウナ状態ですね 汗)

2時間くらい靴を履き続けていれば雑菌はウジャウジャ繁殖し、
臭いはムンムン漂いますので要注意!

原因1と同様ですが、なるべく靴を脱げる機会を意識して
日々生活することしか防げないですね。

尚、ご想像の通りかと思いますが素足より靴下を履いている方が
より臭いが充満しやすい環境にありますのでご留意を!




親指を臭くしない為の解決法

親指を臭くしない為の解決法

臭う原因は上記しましたが、実際に日常生活を送る上では
予防と解決法はしっかり押さえておきたいところです。

以下が主な匂い対策になります。

  • 爪ブラシ(スティック状)
  • 消臭スプレーの使用
  • 靴を長時間履かず、換気する
  • 小まめに爪を切る
  • 入浴時に爪垢を洗い落とす


爪ブラシ(スティック状)

匂い対策で基本となるのが、臭いの元となる爪垢の除去です。
現在は薬局などでも爪のクリーニング用スティックが売っていますので
入浴後などに定期的に汚れを落とすことをお勧めします。


消臭スプレー(クリーム)の使用

臭いの原因となる雑菌の繁殖を防ぐのがこの消臭スプレーです。
靴や靴下を履く前にスプレーしておくと効果的ですので、
定期的に汚れを落とすことと合わせてケアすると良いでしょう。


靴を長時間履かず、換気する

同じ靴を履いていると繁殖した細菌が除去されず、常に繁殖した靴を
履き続けることになり臭いが取れません。
いつも履く靴は3足程用意してローテーションで履いていくと良いでしょう。


小まめに爪を切る

基本中の基本ですが、爪の中に垢が溜まるので爪を短く切りそろえておくのは
雑菌の繁殖を防ぐ上では効果的です。


入浴時に爪垢を洗い落とす

爪ブラシなどで爪垢を落とすのは良い事ですが、
入浴中にネイルブラシなどで爪を磨き、石鹸で洗うことで
爪垢と臭いが一緒に除去できますのでこれもお勧めです。


尚、爪洗浄する際に爪楊枝など先が尖ったもので
行うことは大変危険
ですので専用のスティックなどを使用してください。



Sponsored Link






ちなみに秋から冬にかけて、冬から夏にかけてなど季節の変わり目は
汗をかきづらい時期ですので普段より爪が臭いやすいので
注意してケアをしていきましょう。

ニオイは日々のケアが重要で継続することで臭いの定着を防ぎます(^^♪


Pocket

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ