メタボ臭と口臭の関係性は? どんな臭い?原因や改善方法は?

Pocket

メタボ臭と口臭の関係性は? どんな臭い?原因や改善方法は?

肥満傾向にある人には必ずといってよいほど
独特の「ニオイ」を発します。

この匂いは人それぞれであり、決まったニオイというものは
ありません。

ただメタボの人から発するニオイはある種の特徴があり
改善を図らない限り、口臭など自分が意図しないところでも
不快な匂いを発することになります。

メタボ臭と口臭の関係性はなんなのか?改善方法はあるのか?
詳しく考えてみました。

Sponsored Link




▼目次

  1. メタボ臭と口臭の関係性は? 原因は?
  2. どんなニオイ? 改善方法は?
  3. 匂いの予防対策ってあるの?


メタボ臭と口臭の関係性は? 原因は?


そもそも「メタボ臭」とはなんなのか?

よくメタボ臭は加齢臭と混合されがちですが、全く別物と考えて
よいと思います。

メタボ臭

加齢臭は、年齢を重ねるとともに過酸化皮質という物質が体内で増加し
皮脂の分解が上手くできず、汗腺周りから酸っぱい独特の臭いが出る
いわゆる〝オヤジ臭”です。

加齢臭はクエン酸を含む梅や、シジミ汁といったオルニチンを含む
食べ物を定期的にとることで匂いが緩和していきます。

一方のメタボ臭は、簡単に言うと『肥満体のかく汗から出る不快臭』で
汗腺から出る汗の臭いが原因です。

普通の汗と何が違うかというと、肥満体の方の多くは食事の偏り・偏食だちで
腸内細菌が正常に働いていない傾向にあります。

甘いものや脂っこいものは美味しくて最高なのですが、
肥満体質の方は体内で胃や腸が休まず働いているので、
消化機能などが正常に働かなくなり、消化・分解がされず
悪臭物質が体内に留まってしまうそうです。

さらに肥満体質の方は高血圧や高脂肪症といった脂肪を体内に
たくさん蓄えており、運動不足がちの人も多く、
生活習慣病を発症しやすい身体になっています。

ニオイの主な原因は脂質の取り過ぎと、それを分解しづらい体質である為
皮脂腺に脂肪を溜めこみ、溜まった皮脂が酸化して、汗腺から汗と共に
出ていくため不快な匂いがでてしまうんです。

このメタボ臭の厄介なところは、溜まった皮脂が巡り巡って
口内の唾液粘膜と絡んで口からも口臭として出てしまうことです。

つまり、太っている人(メタボ臭がする人)は普通の人よりも
口臭がキツイ傾向にあります。



どんなニオイ? 改善方法は?


メタボ臭は人によって様々ですが、加齢臭の重く濁った匂いとは違い
酸っぱいワキガに似たニオイを発します。

口臭も同様で、口が渇ききったプ~ンといたニオイではなく
ツ~ンと酸っぱい香りが口元から流れてきます。

メタボ臭に絡む口臭の厄介なところは、しゃべってなくとも
息をしているだけで匂いを周りにまき散らしてしまうことで、
しっかりと予防しない限り、周りに不快な思いをさせてしまうのは避けられません。

口臭

ただ安心して欲しいのは、このメタボ臭を改善することはとても簡単
ということです。

「食事改善してください」「定期的な運動を心がけましょう」
といったありきたりの方法ではなく、
ある栄養素を定期的にとるだけでOKなんです。

それは「ビタミンC・E」といった抗酸化作用のある栄養素です。

これは野菜や果物に多く含まれているものですが、
食事で毎回とっていくのは難しいですし、アレルギーや好き嫌いも
あるでしょう。

私の場合、安いサプリメントを薬局などで買って
食後に一錠ずつ服用することで補ってます。

これが実はかなり効いてます!

要は続けて服用することで効果も上がってきますので、
食事で上手に接種できない場合はサプリメントを検討してみてください。



匂いの予防対策ってあるの?


メタボ臭(口臭)を予防する方法としては
「ウォーキング」か「入浴(半身浴)」がお勧めです。

すぐに痩せるというのは難しいと思いますが、
歩いて汗をかくことで汗腺を鍛えることはすぐにでもできます。

会社の行き帰りや、夜に人が歩いていない時を狙って行うなど
やり方はいくらでもあります。

歩くこともままならない場合は、入浴がお勧めです。

半身を10分~15分ほど湯船に浸かってゆっくり汗を流します。
身体の中にある消化できない皮脂が汗腺から出ていくため
汗腺が鍛えられてメタボ臭になりづらくなります。

また、月並みですが
暴飲暴食を控えて睡眠をしっかり取り、ストレスを上手に発散することは
非常に重要になってきます。

食事量を一気に変えるとストレスがかかるので、
普段の量を少しずつ減らしていくなど工夫してみるのもアリかと思います。

匂いがキツイかな~と感じたら、制汗スプレーや消臭剤などで
一時的に抑えることは良いとしても、改善には繋がりません。

現代では「スメハラ」(スメル=におい、ハラスメント=嫌がらせ)などと
いわれる問題も大きくクローズアップされ、普段からの意識がいかに大事かを
改めて考えさせられます。

工夫一つで改善できるのであれば心がけていきたいですね^^

Sponsored Link






Pocket

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ