疲労臭ってどんなニオイ? 加齢臭と違う臭いの原因と改善・対策!

Pocket

匂いに敏感な現代において
スメハラ(スメルハラスメント:臭いによって他人に不快感を与えること)」
という言葉もあるように、人に害を成す『ニオイ

人は疲労が蓄積されると、ある特殊な匂いを発生させます。

これが「疲労臭」というものです。

世間でいうところの〝加齢臭”とはニオイの発生源も違いますので
対策方法含めて、詳しく解説していきます。

Sponsored Link




▼目次

  1. 疲労臭ってどんなニオイ?原因は?
  2. 疲労臭の対策法
  3. 疲労臭を即効で改善する方法


疲労臭ってどんなニオイ?原因は?

疲労臭のニオイは「アンモニア臭」とよく言われます。

身体に疲れが溜まった時に発生するもので、
加齢に伴った皮脂が原因で起こる加齢臭とは全く違います。

疲労臭

人は疲れが溜まると血液中に乳酸とアンモニアが蓄積し、
肝機能の低下により、汗腺から溜まったアンモニアが出ることで
ニオイを発生させてしまうんです。

なので、冬など汗をかかない時期でも臭いを発生させてしまうので
非常に厄介ではあります。。

通常は、肝臓の「オルニチンサイクル」の働きによって
蓄積したアンモニアを尿へ変換して体外に排出するんですが、
疲労が溜まるとオルニチンサイクルの働きが低下し、血液中に溜まり、
ニオイ物質として汗腺から出てしまうわけで。

つまり「肝機能」が低下することで起こるため、
肝臓を使いすぎると疲労が溜まってなくともアンモニア臭を
発生させてしまうんです!

例えば肉類を中心とした過度なカロリー摂取やお酒を楽しんだ日の
翌日などはアンモニア臭がツ~ンと首筋あたりから臭ったら
危険なサインです!

ニオイは襟足、首筋あたりから発生するため、チェック方法としては
枕カバーなどを嗅いでみると分かりやすいと思います。



疲労臭の対策法

一番の対策としては肝機能を高めるのが確実です。

肝臓の機能は年齢とともに弱っていくため、食生活のバランスを崩したり
睡眠不足が続いたり、ストレスを貯めていくと
肝臓に負担がかかるそうです。

だからといって、年を取らないことはできませんし、
現代においてストレスを貯めないことはほぼ不可能と言えます。

ですので外的要因を防ぐより、肝機能自体を高める必要があります。

そこでお勧めなのが、
肝機能を高め、さらに疲労回復までできる『オルニチン』という
栄養素です。

しじみ”などに多く含まれている成分で、サプリメントでも
販売しているため、食事の際、合わせて接種することで
疲労臭を防ぐことが可能です。

シジミの味噌汁

オルニチンには疲労回復効果も期待できるため、
「疲れたな~」と感じたときに栄養ドリンクを飲むぐらいであれば
肝機能回復と合わせてオルニチンを接種した方がお得です!

また『クエン酸』もオルニチンとセットで接種したい栄養素です。

クエン酸は「梅」や「酢」など酸っぱい成分に多く含まれており、
疲労回復にとても効果があり、疲労臭の改善にはうってつけです。

私は朝コンビニで黒酢ジュースを買って飲む習慣をつけています。

サプリメントも含めて、習慣づける必要がありますので
継続的に接種して疲労臭対策をとっていきましょう。



疲労臭を即効で改善する方法

今日は疲れたな~、疲労臭でてるだろうな~と感じたとき
一時的に抑える方法としては
就寝前の入浴」がお勧めです!

入浴

半身浴で15分ほどしっかり湯船につかります。
その際シャワーだけで済ませてはいけません。

汗をかくくらいの温度で湯船に浸かることで
しっかり汗腺から汗を出すことが重要です。

疲労が溜まっていれば、分解されずに血中に漂っているアンモニアが
汗腺から排出されるため、疲労臭が抑えられます。


また、間違っても香水などで匂いを抑えようとしてはいけません。
疲労臭(アンモニア)と混ざって、より臭いがキツクなってきます。


疲労臭は女性でも多く発生するため、多汗症やワキガでもないのに
アンモニア臭が漂っている人を時折見かけます。

男性はもちろんですが、女性でアンモニア臭は非常に残念ですので
必ず対策していきたいところですね。

Sponsored Link




人の身体から発する「臭い」は他にも様々あります。

・死臭
・ケトン臭
・ダイエット臭
・アセトン臭
・ネズミ臭
・アンモニア臭
・ストレス臭
・腐敗臭
・生理臭
・オゾン臭

「ニオイ社会」である現代では、気を付けなければならない対策が
たくさんあります

一つひとつ正しい臭い対策を行っていきましょう。

Pocket

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ