20代の白髪の原因はストレスではなかった!意外な事実とは

Pocket

20代にして白髪が目立つ方が時々見かけますが
これは病気ではありません。

ストレスがかかると白髪になる!

なんて以前よりよく議論されてきましたが、
20代の若白髪の原因はストレスだけではありません。

では何が原因で白髪が生えてきてしますのか?
その原因と対策を調べてみました。

Sponsored Link




▼目次

  1. 20代で白髪になってしまう原因は?
  2. 白髪を黒髪に戻すには?改善法!


20代で白髪になってしまう原因は?


原因1.紫外線

紫外線

若白髪の原因で多いのが「紫外線」です。

紫外線を受けると黒い髪色のメラニンを作っている色素幹細胞DNAが
損傷してしまうため、白髪になっているんです。

髪や頭皮は顔などと比べ、2倍以上の紫外線を浴びていると言われます。

UVケアも行っていない頭皮に紫外線を浴び続ければ、
ダメージが顔などより多く蓄積されるのは目に見えてますよね!

ですので、頭皮に紫外線が降り注がないよう外出時に帽子をかぶるなどの
対策は必要なんです。

女性であれば日傘をさすことも有効な手段です。

また人によっては頭皮に日焼け止めを塗る場合もあるそうです。

頭皮用の日焼け止めクリームなどは無い為、使う場合は皮膚用を
使うしかありません。

日焼け止めを付けた日は、いつもより念入りにシャンプーしてあげると
よいでしょう。

また日差しが強く紫外線が多く出ている昼間の時間帯の外出自体を
控えてみるのもアリかもしれません。


原因2.髪の染過ぎ、保湿不足

髪の色素幹細胞のDNAにダメージを与えているのは紫外線だけでなく、
頭皮の皮脂が酸化することでも起こります。

例えば頭皮の「乾燥」などが典型的で、保湿シャンプーなど良質な
頭皮環境を保つ必要があります。

また、カラーリングを行う際の脱色剤の過酸化水素水は
頭皮に良くない為、綺麗に毛染めできることと引き換えに
白髪は増えてしまいます。

カラーリングしたい場合は、市販のものを買って自分で行うよりも
美容室などで脱色剤が含まれていないものを使って染めるとよいでしょう。

少々高くつきますが、頭皮環境には変えられないですし。


原因3.頭皮が固い(お手入れ不足)

頭皮固い

頭皮が固いと抜け毛の原因だけでなく、
白髪にも影響してきます。

頭皮が固いということは血流も悪いわけで、リンパの流れが良くない為
頭皮環境には悪影響を及ぼします。

入浴後の身体が温まっている時に、頭皮・顔のマッサージをしてあげることで
若白髪の発生が防げます。

マッサージを行う際は、こめかみ部分から顔の下(首筋)に向かって
ゆっくり揉んでいくと血流がよくなります。

よく頭皮だけを揉む方がいますが、髪は顔から繋がっているので
表情筋が硬ければ意味がありません。

顔全体が柔らかくなるように仕上げていきましょう!

ちなみに、私は顔全体を行った後、首や肩も一緒にほぐしています。

片方の手でもう片方の肩などをゆっくり指圧してあげるだけで
かなり楽になります。

人に揉んでもらうのが一番気持ち良いのですが、
毎日やろうとすると、どうしても自分で行うのが手っ取り早いです。


原因4.栄養不足、偏食

髪は夜(22時~2時くらい)に成長し、栄養を蓄えます。
その際、食事などから接種した栄養が使われるわけですが、
必要な栄養が身体に蓄積されていないと髪に栄養が行き届きません。

実は髪は身体よりも栄養が行き届きずらく、身体の方で必要な栄養が使われて
しまうと髪に栄養がいかず、髪の成長ができなくなってしまうんです。

その結果髪を成長させる毛母細胞に栄養が行き届かず、メラノサイトの
働きが衰えていき、白髪が増えてしまうんです。

正しく栄養バランスの取れた食事を行っていれば問題ないのですが
近年、若い方の摂食、偏食が問題視されてきているように、
必要な栄養を摂取せず、偏った食事ばかりで体調すら維持できない人が
増えているとききます。

インスタント食品や脂っぽい食品ばかりを食べる人は
必要な栄養を摂取できないばかりか、体内のミネラルバランスも崩れて
皮膚の老化、抜け毛、免疫力低下といった白髪以外でも
多くの問題をかかえています。

偏食気味という場合はミネラルを多く含む食品を少しでも多く
接種することを心がけてみてくださいね。

ミネラルを多く含む食品
「ヒジキなどの海藻類」「キノコ類」「豆類」「芋類」など


原因5.疲労を貯めている

疲労

身体・脳の疲労は髪に悪影響を及ぼします。

スポーツなどで身体を動かした後、適切な栄養補給や睡眠をとらずにいると
疲労が蓄積し、髪の成長を脅かします。

他にも猫背で姿勢が悪いと血流が悪くなりますし、
仕事や勉強で脳が疲れて際に栄養(糖分)を補給してあげないことなど
あらゆる疲労は白髪の原因となります。

脳や身体に疲労が溜まると、人の体は栄養分を消費します。
そこで回復を行うべく睡眠や食事がとれていないと
頭皮にまで栄養が行き届かなくなってしまうんですね。

私も仕事が忙しく、睡眠が不足している時期はなぜか白髪も
増えていました。

逆に睡眠がしっかりとれ、栄養バランスの良い食事をとっていると
白髪が減ってきていました。

身体(髪)は実に正直だな~と感じますね。


原因6.遺伝

両親のどちらかが若白髪だったとか、20代の頃から白髪が目立っていた
というケース以外はさほど影響するものではありません。





白髪を黒髪に戻すには?改善法!


改善1.頭皮マッサージ

頭皮マッサージ

原因部分でも少し触れましたが、頭皮を柔らかくすることは
白髪の改善においてとても重要です。

「なんだマッサージか」と侮らずに考えてほしいのですが、
顔も表情筋を鍛えることで血行が良くなりシワやシミが改善されるように
頭皮においても血行が良くなることで髪の発育にとても良い効果を
もたらすんです。

頭皮が柔らかければ血行が良くなり、発毛効果が高まり、
髪にしっかり栄養が行き届くため、白髪になりづらくなります。

途中まで白髪だった髪も、その後黒髪に戻ることもあるくらいですから
なによりも重視して取り組んでいただきたい方法の一つです。

やり方は簡単です。
入浴後、髪を乾かした後、両手の指の腹で頭皮を肩などを揉むように
気持ち良い力加減で揉みほぐしてあげるだけです。

時間もかからないので是非試してみてくださいね^^


改善2.栄養バランスの取れた食事、食べ物を選ぶ

原因でも触れましたが、偏食率が高い現代では大きな問題といえるのが
この栄養バランスの取れた食事がとれていないことです。

髪の成長には成長させるための栄養が必要です。

この栄養がどこからも補給されていないと黒髪が保てないのは
誰でもわかる話であり…

毎食バランスの取れた食事を行うという難しいことではなく、
偏食気味という場合は、普段取れていない栄養素をサプリメントなどで
補ってあげればよいだけです。

髪の栄養となるのは「亜鉛」や「ミネラル」で、
サプリメントを毎日少し接種するだけで髪の栄養→成長は促せます。

私もスナック菓子やカップラーメンが大好きなので、
サプリなどで補い、バランスを調整しています。


改善3.白髪は抜かない!

白髪を見つけると抜きたくなるのが人の常。

ただ脱毛をやってしまうと毛根が死んでしまうため、
後から髪が生えづらくなってきます。

いわゆるハゲへの道のりを辿ってしまうわけでして。
抜くことは極力控えた方が良いと思われます。

白髪が目立つ場合はハサミでカットして短くすることで
目立たなくするのが望ましいです。

モミアゲや襟足など短くて隠せない部分は抜くのは仕方ないとして
それ以外はなるべく毛根にダメージを与えない工夫は必要ですね。


改善4.髪を労わる(いたわる)

シャンプー

髪は考えているよりも繊細な部分であり、
例えばシャンプー後のブラッシングなどはやり過ぎると
頭皮を痛めます。

またシャンプーも3日に一回で充分なんです。
整髪料をつけた日などはしっかり洗い流すことし、
他の日はお湯で流すだけで汚れはとれます。

朝シャンなどでシャンプーを使い、夜もシャンプーと
日に2回以上行う方もいますが、
これは頭皮のバリア機能まで壊してしまい、髪は綺麗になっても
頭皮にはダメージが残ります。

Sponsored Link




改善5.白髪を気にしないこと

白髪を意識しすぎるとかえって気持ちがナーバスになりがちです。

改善1~4をしっかり取り組んで、後は気にしない方が
精神衛生上も良いと考えます。

ストレスは白髪にさほど影響がないとはいえ、
過度なストレスは体調を崩してしまいますので、
「気にしないこと」をモットーに生活していくと
徐々に改善傾向が表れてくると思います^^


Pocket

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ