ニードル脱毛(針脱毛)とは? メリット・デメリットを詳しく解説!

Pocket

ニードル脱毛(針脱毛)とは直径0.05~0.15mmのプローブと呼ばれる針に
微弱な電流を流しつつ毛穴に指して、毛根部を破壊する施術です。

高周波の影響で毛穴からの毛の再生を防げる、永久脱毛に近い効果がある
画期的な脱毛方法です。

脱毛方法としての歴史は古く、レーザー脱毛が出てくる以前から
芸能人や著名人御用達の脱毛テクニックです。

メリットもありますが、デメリットもあります。

それぞれ紹介していきましょう。


Sponsored Link


ニードル脱毛(電気針脱毛)の詳細とメリット

ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛の歴史は長く、以前より芸能人御用達の脱毛方法として
定着してきました。

施術に使用する針は金属で作られてますが、
近年では金属アレルギーの方へも対応するため、金やチタンで針を加工する
サロンも多く出てきています。

ニードル脱毛の最大のメリットは
ピンポイント施術」にあります。

フラッシュやレーザー脱毛と違い1本づつ確実に処理していくので、
脱毛のムラがなく永久脱毛に近い効果が得られます。

また剛毛、柔らかい毛に関わらずどの部位でも処理できることから
綺麗な仕上がりと後々の面倒さがないことからも
多くの方が施術を受けています。


一方でレーザー脱毛は広範囲を一気に脱毛処理するので
時間はあまりかかりませんし、費用面では安く上がります。

しかしながらムラが全くないかというと、そうでもなく、
細かい毛や毛の質によっては脱毛しきれないこともあります。

また、ニードル脱毛であれば、レーザー脱毛では難しいシミアザ
ホクロの毛といったメラニン色素が濃い部分までも綺麗に脱毛が可能なので
重宝している方もいるそうです。

さらに肌が弱い方(例えばアトピー体質の方)でも
脱毛施術を受けることも大きなメリットになります。


ニードル脱毛(電気針脱毛)のデメリット

ニードル脱毛のデメリット

ニードル脱毛も決して良いことばかりではありません。
デメリットも存在します。

痛みを生じる
 →針に電流を通し、毛穴に指していくので無痛治療は期待できません。
  クリニックによっては麻酔を使用することもあるそうです。

多額の費用と時間がかかる
 →CMで流れているような安価なレーザー脱毛と違い、部位によりますが
  安くても数万円~となっています。
  また1本1本処理していくため、かなりの時間を要します。

ムダ毛処理ができない
 →ニードル脱毛は、ある程度毛が伸びてないと出来ない為、
  日ごろから自己処理していると脱毛ができません。
  少々恥ずかしいですが、脱毛する日までは伸ばしておきましょう


Sponsored Link


脱毛の賢いやり方としては、レーザー脱毛で一気に脱毛したあと、
残った部位の毛をニードル脱毛で処理するのが良いと思います。

そうすれば痛みも費用も安く済むため、綺麗で永久的な脱毛ができるので
ぜひ試してみてください。

Pocket

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ