冬の薄着健康法はこの防寒対策でバッチリ!

Pocket

冬の薄着健康法の防寒対策



寒い時ほど厚着したくなるものですが、
人間の体は厚着するほど免疫力が低下していきます。

健康のためには薄着が効果的なのは医学的にもハッキリしているのですが
ただ薄着するだけでは風邪をひきやすくするだけなので
要注意です。

ここでは正しい薄着方法防寒対策をご紹介します。


スポンサードリンク


●厚着は免疫力低下を招きます

寒ければ厚着をしようと考えてしまいがちですが、
これは大きな間違いです。

人間の体は元来、冬でも薄着で過ごす習慣であったため
冬に厚着して過ごすことには遺伝子が発達していません。

つまり遺伝子に逆らったことを行っていると
基礎代謝が落ちていき、免疫力低下を招きます。

よく小学生が一年中、半ズボンで過ごすことがありますが
あれは決して身体に悪いわけでなく、基礎代謝を維持するうえでは
重要なことと考えられます。

大人も一緒です。

少しくらい寒いと感じても、寒さに慣らしていかないと、
免疫力が下がり、風邪や病気にかかりやすい体になってしまうんですね。


●基本は動脈周りを温めること

厚着しすぎないための、防寒対策バッチリの薄着方法としては

首周り
手首周り
腰周り
足首周り
足の爪先

といった患部を温めておくことです。

例えばノースリーブのニットでも
タートルネックにするなど工夫しておきましょう。

最近ではババシャツもカラフルで人気が高く、
冬に薄着で外出する際の防寒対策にはうってつけです。

特に下半身は上半身に比べて身体が冷えやすいので、
カイロなどを使用しながら上手に温めていきましょう。


また、顔をマスク、耳をイヤーパットで覆うことで
身体全体の体温はかなり上がります。


●薄い腹巻きをしておく。

よく冬の街中を薄着で歩く方たちの防寒対策として聞くのが
薄手の腹巻きを常備しておくことだそうです。

これはかなり効果あるようで、
2枚重ねなどしておくことで、腕や足などを薄手の洋服で
出かけたい時などは試してみるとよいでしょう。


スポンサードリンク


薄着健康法は風邪を引きにくくするだけでなく、
基礎代謝が上がるため、痩せやすくなります。

そして女性で多い末端冷え性などにも効果を発揮するので
積極的に行っていくことをお勧めします。


末端冷え性でお困りの場合はこちらから

薄着ファッションの防寒対策はこちらから


Pocket

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ