うどん博物館の入場料と混雑具合!

Pocket

うどん博物館


香川県ではないのに「うどん」を有名にしてしまう
京都でオープンした『うどん博物館(うどんミュージアム)』は
連日大賑わいだそうです。

横浜のラーメン博物館ならぬ、うどんとは!

と、いうことで早速行ってきました。


スポンサードリンク



●うどん博物館への入場料は無料!

うどん博物館へ入場するのは無料であり、
特に入場料ならぬものは取られません。

もちろん年齢制限もありません。

営業時間は11:00~22:00で、
年中無休と遅くに尋ねても行けてしまう開放感!


●テレビでも話題になりました

ズームインサタディでも紹介された『うどん博物館』は
京都の祇園にある“うどんの聖地”

全国各地のうどん「ご当地名物」を食べられることで
人気を博しています。

うどん文化を未来へ継承していくことや、
海外に向けてうどん文化を発信する目的で開催にいたりました。

全国各地のうどんが食べられるということで
その土地の地域活性化の一助にもなるそうです。


●うどんミュージアムの人気メニュー

うどん博物館に行ったら食べて欲しいのが、
和歌山県の「梅うどん」と
群馬県の「ひもかわうどん

です。

この二品は絶品中の絶品で、
その土地とうどん博物館でしか口に出来ません。

また、 北海道の「豪雪うどん」もお勧めで、
ラーメン博物館同様にミニサイズのうどんがあるので
食べ比べてみたい方にはこちらもどうぞ♪


スポンサードリンク



Pocket

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ