子供の逆上がりが簡単にできるコツ

Pocket

逆上がり

運動会や体力測定など、子供が逆上がりをする機会は
様々な場面ででてきます。

実は簡単にできるコツはいくつもあるのですが、
以外とそれを知らないケースが多く、体育教師ですら
教え方が下手な方もいるようです。

逆上がりは練習よりもコツをつかむこと
あっという間にできるようになるんです!


スポンサードリンク



●お手本を見せる

逆上がりを教える際に重要なのは、
良いお手本を見せることです。

子供の場合、大人と違い感覚が研ぎ澄まされている為
頭で考えるより見たものを、理屈ではなく感覚で
そのまま実現させてしまうことができます。

分かりやすい解説付きの動画もあり、
こちらはお勧めです。





●膝を曲げる

逆上がりで上達しない例として多いのが
膝を伸ばしてしまうこと」です。

膝が伸びていると鉄棒に身体が密着せず
いくら練習しても上達しません。

やり方としては
膝を抱えるように曲げます。すると重心が頭に行くので
自然に鉄棒に身体が寄り、逆上がりができます。

地面を蹴って脚を伸ばすのではなく、
蹴った後は膝を頭に寄せるように曲げましょう。



●後ろを見る

地面を蹴り上げたら膝を曲げながら
「後ろ」を見るように意識しましょう。

後ろに意識が行くと、身体が自然に鉄棒に密着していくので
膝をしっかり曲げていれば鉄棒に身体が巻き付き
上手に逆上がりができます。


まとめ

背中にタオルを回して、とか、
腕を曲げないように、などといった様々な方法が
以前はあったようですが、私はあまり信用していません。

体操教室の先生に逆上がりのコツを聞いても、
膝を曲げること」といった下半身の方が重要であることが伺えます。

まずは、上記であげた内容を一つひとつ実践していき、
少しでも上達が見えたら、目いっぱい褒めてあげてください^^

子供ほど褒めて伸びる度合いは大人より大きいそうなので♪


スポンサードリンク



Pocket

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ