妊娠初期の眠気はいつからいつまで?その対処方法がこちら!

Pocket

眠気


妊娠初期はとにかく眠気に襲われます。
それはいつも食後に襲ってくるような眠さとは違い、強烈なものです。


・妊娠初期に起こる眠気の原因はなんなのか?
いつ頃から始まっていつまで続くのか?
・その眠気の対処方法はあるのか?

詳しく解説いたします。

Sponsored Link




妊娠初期に起こる眠気の原因は?
眠気 妊娠初期

まず、この妊娠初期に妊婦さんを襲う強烈な眠気は、
一般的に「眠りづわり」と言って、妊娠初期の典型的な症状の一つです。

人に寄りますが、妊娠中期や後期に入っても眠気に襲われることがあります。

主な原因として
妊娠初期、女性の体内ではホルモンの分泌量が急激に変化します。

この分泌されるホルモンは「黄体ホルモン」と呼ばれ、
受精した卵子を着床させ、細胞分裂して胎児の成長を助けます。

つまり、お腹の中の赤ちゃんに向けて大量のエネルギーを使うため、
お母さんのエネルギーを消費しているんですね。

消費したエネルギーを回復させる為、脳が身体を休ませるよう
指令を与えることによって眠気に襲われる。 というわけです。

普段から食後の眠気に襲われる方は、さらに眠気が増すので
最初はビックリするかと思います。



いつ頃から始まっていつまで続くのか?
眠気 妊娠初期

一般的には生理予定日あたりからだそうですが、
人によっては排卵日あたりから眠気を生じることもあるそうです。

これも人によりますが、生理1週間前から体がポカポカし始め、
日中に眠気が急激に襲ってきて昼寝が必須になる場合もあります

特に日中仕事をされている方で眠気が襲ってくるとかなり大変です。

眠気を我慢して過ごす為、
我慢しすぎると「めまい」をすることもあるため注意が必要です。

また、妊娠初期は他にも胃がムカムカしたり吐き気といった体調変化が現れます。
胃のむかつきなどの変調を感じたらこちらをご参考ください。


眠気は身体のダルさ(風邪の初期症状のような感じ)から始まり
じょじょに眠気が出てきて、夜しっかり寝ても日中に
眠気に襲われることがあります。

一般的には妊娠中期に入る前あたりから眠気は治まります。
個人差はありますが。



眠気の対処方法は?
眠気 妊娠初期

眠気の対処方法はとにかく寝る事です!

前述したように、眠気はお腹の中の赤ちゃんの成長を促すため
ホルモンバランスが変化しているものなので、それを無理に我慢などして
耐えてしまうと胎児の成長やお母さんの健康を害します。

ですので、眠気は我慢せず、いかに眠気をコントロールして
睡眠時間を確保するかを考えます。

まずは日中での睡眠時間を確保できるようにスケジュールを立てます。

仕事をしている場合、会社側の体制が良ければ時短勤務や
休暇がとりやすいでしょうし、そうでなければ有休などを上手く使って
半日勤務などでやりくりする方法もあります。

上司などに相談して眠りづわりで急激な眠気に襲われることを伝え
予め理解を得ておくのも良いでしょう。

そして通勤・退勤時間など寝れる時はどこでも寝る事です。
寝溜めするといっても良いかもしれません。

妊娠初期はとにかく慢性的に眠気が襲ってくるので
それを少しでも緩和するための対策は、少しでも時間が取れれば
目をつぶってしまうことです。

また以前に妊婦さんに聞いた話では、水分をしっかり取ることで
短時間でも良質な睡眠がとれるそうで、これも対策の一つとして覚えておいてください。
※飲み物はノンカフェインがお勧めです。



まとめ

妊娠初期 眠気

お母さんの健康を保つことはもちろん、健やかに妊娠中を過ごすうえでも
睡眠はとても大事なことです。

妊娠初期~中期にかけては驚くほど異常な眠気に襲われますので、
それと上手に付き合っていくことが求められます。

ムリに我慢したり耐えたりせず、周りの理解を得ながら
上手にコントロールしていくと良いでしょう。


Sponsored Link




妊娠中の水分補給はかかせませんね♪

「ノンカフェイン緑茶(Amazonより)」



Pocket

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ