年金受給開始年齢が80歳になるのはいつ?

Pocket


年金受給年齢が75歳になるというニュースが出てますが
今後は80歳くらいまで上がってくるのでは?
という恐い憶測が飛び交ってます。。

ただ実際のところ働き手が少子化で無くなっていくのは
未来予想図でハッキリしてますし、高齢者が第二次ベビーブーム
世代まで増え続けるのも明確に出ています。

今後、年金受給年齢が上がるのは当然といえば当然で
「80歳から年金~」というのも、もうすぐではないでしょうか?

Sponsored Link




年金受給年齢が選べる改正案

年金受給開始年齢が80歳


現在、厚労省では年金受給開始年齢を段階的に上げようという案と
受給年齢を自身で選べる案とを検討中とのことです。

つまり、60代からでも少額であれば貰うことができ
自分の蓄えや仕事の兼ね合いをみて選択できる方法も
検討されているというのは、何となく救いな感じがします。

現在は原則65歳から支給されますが、本人希望で60歳から
貰うこともできるのです。
もちろん減額はされますが・・・


今は平均寿命が延びており、今後さらに医療技術が発達し
寿命が延びれば、企業定年も延び、年金受給年齢も延びる・・・

ということも考えられます。


ただ元気な高齢者が増えれば、それだけ税金が収まり、国が潤う
という安直な考えには賛同できません。

そもそも国の制度がお粗末なだけで、不要・無用な議院数を減らせば
国民の負担も減るわけであり、

元気だからっていつまでも働かせるんじゃない!

って勝手に憤ってしまうのは子供じみてますかね(;’∀’)

今後、年金制度は破たんする
というような乱暴な考えは良しとしませんが、

税収の見直しを図らなければ、無駄な公共事業ばかりで
肝心な年金や福祉に財源が回ってきません。


今の60代以上は高度経済成長、バブル時代、終身雇用を経て
幸せな老後を迎えられてますが

それを支えているのは今の担い手(20~50代)でして
そこが老後に幸せになれないのであれば
年金収めるより貯金して自分の将来の蓄えにしたい!

と思う若年層が多く出てきてもおかしくないでしょう。


Sponsored Link




年金受給年齢が80歳なんて
非現実も甚だしいと個人的には感じます。

平均寿命が男性は80歳程度なので、年金貰い始めたら亡くなる、
なんて終末期を迎えるのは大反対です( ;∀;)



Pocket

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ