雪道をノーマルタイヤで走行しても絶対に滑らない方法

Pocket


雪道や凍結したアイスバーンを運転していても
絶対に滑らない方法があるのであれば是非知りたい!

ノーマルタイヤでも雪道くらいゆっくり走れば問題ないよ~
と、強気でいきたい気持ちはありますが
実際に危険が伴うのは間違いありません。

ここでは、確信的にノーマルタイヤで雪道を走る方法ではなく
意図せず急遽雪道・アイスバーンを走らざるを得なくなった際に
安全に走行する方法をご紹介します。



Sponsored Link




ノーマルタイヤで滑らない方法!

雪道をノーマルタイヤで走行しても絶対に滑らない方法


まず誤解させないように、意図的にノーマルタイヤで雪道を
走るのは非常に危険ですのでお止めくださいね(;’∀’)

その上で、どうしてもその場面に直面した際に事故を起こさないように
運転する方法をお伝えします。



出だしはクリープ現象を利用

走り始めは必ずクリープ現象を利用しましょう。
初速はタイヤに大きな力が働き、一番滑りやすい状態にあります。

AT車は自然に走り始めるクリープ現象があるため
これを利用します。

※クリープ現象とは
AT車でエンジンがアイドリング状態にある時、ドライブモードにすると、
アクセルを踏まなくても車がゆっくりと動き出す現象



走行中は車間距離を大きく空ける

基本中の基本ですが、必ず車間距離を大きく空けましょう。
片側2車線であれば左車線を走ります。

雪道はとても危険です。ノロノロ運転になって後ろから煽られようが
目いっぱい車間距離をあけましょう!



止まる時はエンジンブレーキを利用

最大の難関が車を停止させる時です。

注意したいのはフットブレーキだけで車を止めようとしない事です。

車にはドライブモードの他、1速・2速といった上り坂用のモードが
あります。

通常AT車で40キロ程度で走っていれば自動的に4速くらいには
ギアが上がっていますので、減速したい時に2速や1速にレバーを入れれば
エンジン回転数が上がり、エンジンブレーキがかかります。

これを行うとタイヤをロックせず車が減速するため
雪道でも安全にスピードを落とせます。


ただ、50キロ~スピードを出している時に1速などにレバーを入れると
エンジンブレーキが急激にかかり、急ブレーキのような減速になり
車の故障に繋がりますので注意が必要です



ABS搭載車に乗る事
(アンチロックブレーキングシステム)

今はほとんどの車に搭載されていますが、
タイヤにロックがかからないよう、必ず車を選ぶときは
ABSが基本仕様になっていることを確認しておきましょうね!



車体重量がある車には乗らない

これもよくよく考えれば分かる事ですが
車重があれば止まりづらく、雪道でも滑りやすいのは当然です。

普段から軽重量の車を選んでおくことは
いざという時にも役に立つわけですね( ^ω^ )





雪道ノーマルタイヤは違反?


実はあまり知られていませんが、雪道をノーマルタイヤで走ると
道路交通法違反になるんです。


詳しくは道路交通法71条6号にて
「積雪又は凍結により明らかにすべると認められる状態にある道路において、
自動車又は原動機付自転車を運転するときは、タイヤチェーンを取り付ける等
してすべり止めの措置を講ずること。」

とあります。

これを怠ると
『反則金(大型7千円、普通、自動二輪6千円、原付5千円)』
が課される


Sponsored Link




結論、雪道や凍結した道路はノーマルタイヤ云々関係なく
極力走らない方が身の為です。

雪の日の走行自体、危険には変わりないので
なるべくならコタツで丸くなっていたいものです(=^・^=)



Pocket

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ