「静かに」看板周辺で騒音だしたら違反?道路標識なの?

Pocket


時折道路を走っていると見かける「静かに」看板
通勤中に見かける方はよく目にすると思いますが、
看板周辺で騒音だしたら違反切符でも切られるのでしょうか?

元より、看板周辺ではどのような運転が望ましいのでしょうか?

色々と調べてみました(‘ω’)ノ

Sponsored Link



静かに看板周辺では赤ちゃんが寝ていられるくらい
周りへの配慮をお願いしたいという意図だそうです。

マフラーの改造車や暴走族といったアホな輩は別としても
急発進や急減速で問題となる道路とタイヤの摩擦音

クラクションをむやみに鳴らすことなく、
皆が安心する道路環境を作ってほしいとのこと。


設置基準というのは特になく
医療や福祉施設、学校周辺はもちろん、騒音に対してクレームや
意見が多く出ている地域に建てられるそうです。

ドライバーのモラルに関する標識といえるでしょう。

静かに


そもそも道路標識なのか?

という疑問もあるでしょう。

よく見ると設置箇所によって図柄が微妙に違うことに
気づいた方もいるはずです。

実はこれ、一定の決まりがあるわけではないようです。



元は1960年頃に”道路標識令”に指導標識の項目の一つに
静かにとあったそうですが、現在は標識令が改正され
項目から廃止されています。

つまり、騒音を出したからといって違反や違法に
すぐに繋がるものではないということです。

国土交通省でも過去資料が残っていないようで、
前述した通り、ドライバーの一人ひとりが気にして
走行してもらうための促しの目的と捉えればよいでしょう。

Sponsored Link



静かに」看板がなかろうと、むやみな騒音を立てるのは
ドライバーモラルに反しますし、安全運転を心がける上でも
常に意識していきたいものですね!(^^)!


Pocket

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ