ダルビッシュの左投げは球速何キロ?変化球もできる器用さ!

Pocket


ドジャースに移籍したダルビッシュ選手

実は非常に器用な投手として知られており、身体の調整の為
左投げを行っていたところ、物凄い球速が出るようになったとのこと。

しかもストレートだけでなく変化球やスライダーなど
一流の投手と同じだけの能力を左投げで実現できるというから
物凄い身体能力を有していることが分かります。


Sponsored Link




器用な投手といえば二刀流の大谷選手を思い浮かべますが
実はダルビッシュ選手はその走りだったと言う関係者は多いと聞きます。


最初はキャッチボール程度で左投げを始めたそうです。

本人曰く、身体の左右バランスを取る為に、利き腕ではない
左腕でキャッチボールを始めたところ、なんと60メートルほどの
遠投
もできるようになったとのこと(=゚ω゚)ノ スゲー!


しかも球速は、なんと130キロも出せるそうで、
変化球もお手の物だそうです。


ダルビッシュ選手


つまり、左投げでも普通の投手と変わらない能力を発揮できて
いるんですね!


元々左利きで、右利きに強制したというのであれば
その球速もわかりますが、トレーニングの一環として
130キロも出るのであれば、まさに驚異的な身体能力です!







ちなみに、他にも右利きの投手でトレーニングとして
左投げをしている選手というと

楽天の則本選手が有名です!

球速は100キロ以上出るようで、こちらも恐るべき身体能力を
発揮しています。

則本選手の左投げ




また、阪神の藤浪投手も
体の開き再確認」のため左投げでキャッチボールをしているそうで


野球選手には割とポピュラーな練習方法ということが分かります。


ただ実践で使用できるには
球速や球種、正確無比なコントロールなど必要となる要素は
かなり多いようですね(-ω-)/


Sponsored Link

Pocket

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ