eペダル技術の仕組みとは?急ブレーキ操作なしで事故多発する?

Pocket


eペダル”はブレーキ・アクセルが1ペダルで済む画期的な
操作システムではありますが、急ブレーキなどが必要な際は
どのように操作するのでしょうか?

単純操作に隠れた懸念事項ともいうべき事故多発
繋がるのではないかという不安感もあります。

今回はeペダルについて詳しく解説していきます。


Sponsored Link





eペダル(1ペダル)は安全性を考慮?

eペダル


日産が「新型リーフ」に採用する世界初の1ペダル操作システム

e-Pedal(eペダルは、eペダルスイッチを押すことにより
アクセルペダルのみの操作で全ての車動作が可能という技術です!

発進加速減速停止保持1ペダルでできるということから
踏み間違いなどの操作ミスが無くなるという画期的な技術として
日産は発表しました。

私自身は運転技術があまりないので、今回のような簡単な仕組みは
むしろ大歓迎です(=゚ω゚)ノ


何といってもアクセル・ブレーキの交互ペダルの必要性が無くなる事は
斬新さを通り越して快適性の極みかと考えます。

このeペダル(1ペダル)が様々な車に搭載されれば・・・


・操作ミスが少なくなる →安全性
・足の疲労が少なくて済む →疲労緩和
・渋滞時に特に快適! →ストレスフリー



さっと思いつくだけでも上記のようなメリットが出てきます!


実際に乗ったらどうなんだろ~と考えてみると
実は懸念事項も少なからずあります、ハイ(/ω\)


ワンペダル機能ということは発信・停止は分かりますが
急ブレーキなどの急な制御が必要な場合はどのように
操作するのか?という点です。


日産は
通常走行の9割をアクセル操作だけでカバーできる

としていることから、
急ブレーキ、若しくは必要な急発進などのイレギュラー操作は
別の方法・操作でできるような構造なのかと想像します。


または、車や人との衝突回避を促す自動ブレーキシステム
エマージェンシーブレーキ」の性能を生かして
緊急ブレーキ(急ブレーキ)は対応するのかもしれませんね。


ワンペダル


とはいえ、素晴らしい機能に頼り過ぎると運転技術が
衰えると警鐘を鳴らす団体もいるようですが、
便利機能で安全性を確保できるなら私は大歓迎かな~と(^^♪


特に高齢者ドライバーペーパードライバー向けには
eペダルは最適の技術だと思います!

なんせ
ブレーキとアクセルを踏み間違いました!

という哀れな事故は後を絶ちませんし、
特に高齢化が進む日本では高齢者ドライバーの安全確保には
必要な機能・技術ではないでしょうか?









自動車教習所はどのような講習になるのか?

電気自動車やエマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)などは
まだ問題ないのですが、

車の根幹機能を変えてしまう「eペダル(ワンペダル)」では
今までの自動車教習では対応できません


例えば自動車教習所ではクリープ現象(クリーピング)という
アクセルペダルを踏むことなく、エンジンがアイドリングの状態で
車両が動くことを教わります。

また、クリープ現象を利用した運転方法などもあります。


こういったオートマ車にあるべき機能が
eペダル(ワンペダル)」では無くなります。


eペダルが多くの車に実用化されれば、自動車教習所の対応はもちろん
交通ルール道路交通法の改正といったところまで
話は進みます。


今回のeペダルは車社会構造の変革をもたらす技術であると
期待する半面、法整備eペダル搭載車の運転技術が伴わないと
逆に事故を招きかねないとも老婆心が働きます( 一一)


Sponsored Link




eペダルは新型リーフに搭載されるそうですが
当該車を購入する場合は、必ず試乗などして機能を使い慣れてから
乗るような仕組みを作ってくれたらいいな~


と、まずは日産自動車に期待します(^^♪

Pocket

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ