電柱と電信柱 違いは?電柱の高さ・太さ・重さ・設置費用は?

Pocket


普段何気なく見ている電柱や電信柱ですが、
どのような構造なのか気にしだすと気になりますよね!

電柱と電信柱の違いや、電柱の高さ、太さ、重量や
設置費用など、分かりやすくまとめてみましたので
興味ある方は是非参考にしてみてください。

Sponsored Link




▼目次

  1. 電柱と電信柱の違いは?見分け方は?
  2. 電柱の高さは?規格・制限はある?平均は?
  3. 電柱の直径(太さ)はどのくらい?
  4. 電柱の重さ・重量はどのくらい?
  5. 電柱の価格・設置費用は高い?安い?
  6. 電柱・電信柱の設置距離は?
  7. 電柱の種類は何種類ある?
  8. 電柱の寿命はどのくらい?



電柱と電信柱の違いは?見分け方は?

電柱と電信柱、よく二通りの言い方をしますが
明確にはどのような違いがあるのでしょうか?

また見分け方などはあるのでしょうか?


電柱と電信柱の違い


実は、電柱とは総称した呼び名であり、

電柱には電気を送る送電・配電を目的とした
電力柱(でんりょくちゅう)

NTTなどが通信用(電話など)に使用目的とした
電話柱(電話柱)があり、


電信柱とはこの電話柱を指します。




電柱と電信柱の違い総称している
用途別の名前か、というものなんですね!



そして見分け方ですが、
これは電柱の所有者を示すプレートが必ずついてます。

東京電力」「NTT」といったように!

両方付いている場合は
共用のものであり、二枚プレートがついており
所有者はプレートが地上に近い方に付いている方です。


NTTなどと書いてあれば
電信柱ですし

東京電力、中部電力といった電力会社名が書いてあれば
電柱(電力柱)と見分けます。

実に簡単ですよね(=゚ω゚)ノ





電柱の高さは?規格・制限はある?平均は?

電柱の高さは明確に決まってます。

電力柱11m~16mまで、一メートル刻みで
      それぞれあります。

電話柱: 8m、10m、12m、15m、16m
      高さはまちまちです。


ちなみに、根入れという地面に埋まっている割合が
電柱高さの1/6です。

12mの電柱の場合は2mが地中ということになります。



尚、電柱の天辺は蓋が取り付けてあるって
知ってましたか?

雨水などが内部に侵入しないようにしっかりと
施されているようです(‘ω’)ノ





電柱の直径(太さ)はどのくらい?


電柱はどれも円錐形の形になってます。

つまり上部ほど細くなっている形状です。

電柱の直径は30cm程度
天辺では約半分くらいになります。

これは台風など強風にも耐えうるよう
安全上の問題でこのように作られているそうです。





電柱の重さ・重量はどのくらい?

長さによって電柱の重さ・重量は変わってきます。

例えば8m程度の電柱ですと
概ね300キロだそうです。

そして10数メートルという長さの電柱
2000キロ以上というとてつもない重量です!

まず人の手で運んだり動かすのは無理だということが
分かりますよね(;’∀’)





電柱の価格・設置費用は高い?安い?

設置費用・価格


現在日本では景観保護や防災意識の高まりから
電柱の地中化が叫ばれてきています。

災害時に電柱が緊急車両の行く手を遮るなど
ニュースでも取りだたされてします。


とはいえ、まだ日本では3000万本以上の電柱が
立ち並んでいる状況
を鑑みると、そう簡単な問題ではないと
考えられます。


そもそも電柱は現在コンクリート製がほとんどで
費用は一本10万円弱します。

しかも電柱を設置となれば(人件費含め)30万円近く
かかる場合もあります。

人件費や電柱運搬費、足場周りから建柱車の手配
設置にあたり盛土費用から残土処理代・・・

一本の電柱を建てるのにも様々な工程と費用が
かかることがわかりますね(;’∀’)





電柱・電信柱の設置距離は?

電柱や電信柱は大よそ等間隔に設置されているようですが
明確な設置距離はどのくらいなのでしょうか?

また規定などはあるのでしょうか?

電柱の設置距離


実際に測ってみると、大体30m

こちらは設置箇所や電線の太さや電柱の用途(トランス有無)、
道路事情(交差点有無)など様々な安全上の事を考慮して
距離が決まっている
そうです。


電柱は長くても10数メートルですので、
一本の電柱が倒れても周りの電柱を巻き込まない様に
なってるんですね!





電柱の種類は何種類ある?

電柱というと今はコンクリート製が主流のようですが
私が調べたところ、概ね3種類があるようです。



●コンクリート製
 極一般的な電柱で現在日本のほとんどがコンクリート柱



●木柱
 昔の電柱は木製だったそうで、安全上の関係でコンクリート製に
 変わってきたのだとか。


木柱

 
 またコンクリート柱は製法も簡単ですし、木製は耐用年数が
 20年程度
と交換頻度も高いことからコスト高になってしまいます。



●鋼管柱
 NTT向けの通信用(基地局柱やアンテナ柱)として
 使われています。
 軽量化・防食性・耐候性に優れており
 
 価格も2~3万円程度で、設置費用込みでも数万円で
 建てられます!
 




電柱の寿命はどのくらい?


電柱の寿命は耐用年数という指標でみます。

以前、木製だった頃は10年程度しかもたなかったそうですが
コンクリート柱になってからは大よそ40~50年
十分にもつそうです。

また、電柱は定期的に点検を行っており
劣化や損傷、破損といった具合を確認し、問題があれば
都度補修工事を行っています。

Sponsored Link




普段何気なく見ている電柱ですが
掘り下げていくと中々興味深いものですね(^^♪


Pocket

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ