ヒアリ 神戸港から女王アリが!東京港にも!全国拡散の危険性アリ、農作物被害も

Pocket

南米原産の強毒の「ヒアリ」に女王アリが発見されたとの報道が!

ヒアリは1日千個の卵を産むそうなので、
2匹も発見したとなれば、神戸の関西地区は
ほぼヒアリ被害に今後直面するとして間違いないでしょう!

そして今回、東京港でもヒアリが発見されたとのこと!

これで全国的にヒアリ被害が広がっていくことは
間違いなさそうです。。

そう、問題は女王アリの行動範囲が広いということなんです( ゚Д゚)


Sponsored Link





女王アリは羽があり、普通のヒアリよりも体長が大きい為、
生殖能力も高く、繁殖能力も物凄く高いことでしられてます!

以前、大阪港で確認されたヒアリの死骸では女王アリは
発見できなかったため、生殖範囲が狭く、集中的に駆除すれば
全国への被害は食い止められるはずでした。

ただ、ここにきて女王アリが発見されれば話は別です!

一日千個の卵を産むことと行動範囲が広いことから
関西から関東、全国へ被害が拡大すること間違いないでしょう(´・ω・`)

現在は、大阪港、神戸港、東京港でヒアリが発見されています。


ヒアリはご存知の通り、日本のアリと違い、毒針をもって人を
攻撃してきます。 最悪の場合は人間を死に至らしめるともある脅威の生物です。

その為、発見された時から日本のメディアはこぞって
殺人アリ」を取り上げてきており、自衛手段の方法も
伝えてきました。

実際にアメリカでは年間1400万人も刺される報告があり
実際に死亡例もあるとのこと。

日本ではスズメバチ被害で死亡したケースも年間20人程度なので
いかに脅威なのかが分かるかと思います。


ヒアリ


そしてヒアリは公園や草むらなど子供が日常生活で使う場を
好んで巣をつくる為、大人より子供の方が脅威にさらされると予想され、
人的被害は決して無視できません。


また、殺人アリ:ヒアリの被害は人間だけには留まりません!

実は、ヒアリは広食性である為、昆虫類などの節足動物の他に
ジャガイモなどの穀物や柑橘系の木なども食べるため作物被害にあう可能性も出てきます。

さらに、ニワトリやウシなど家畜の被害も出てくる可能性があり
そちらにかかる駆除費用もばかにはなりません。


Sponsored Link




前述の通り、駆除するにしても人的被害を及ぼす為
迂闊に人の手を使えば刺される危険性もあるため、こちらも容易ではありません。


日本は高温多湿の気候にあり、特に夏場などはヒアリにとって
生殖しやすい環境にあるかと思います。

まだまだ被害が少ないですが、今後の展開に不安は付きまといます( 一一)







Pocket

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ