いつから涼しくなる? 2017年夏~秋の天気予報【涼しくなる時期】

Pocket

暑いよ~いつから涼しくなるの?
もう猛暑はたくさんだ!

2017年は初夏時期より気温が上昇し
6月には35℃超えの猛暑を記録したこともあり
例年よりも暑い夏を迎えました。

熱中症という言葉がすっかり定着し、
いつから涼しくなるのか待ちわびている今日この頃ですが
いつまで暑さが続くのか気になるところです。

今回は2017年の天気補予報より涼しくなる時期を
調べてみました!


Sponsored Link




いつから涼しくなるの? 2017秋の天気予報!

いつから涼しくなる

今年は夏休みを短縮するといった動きや
プレミアムフライデーなど様々な動きがありましたが
暦上の夏はまだまだ健在です!

8月を過ぎると「初秋」という言葉が出てきて
暦の上では秋ですがなどと
天気予報では報じていますが・・・体感値ではまだまだ。。

9月に入ってもまだまだ猛暑日は続く予想で、
2017年は梅雨がハッキリしなかったにも関わらず
湿度が高い日が続いた為、ジメッとした暑さが印象的でした。

7月の下旬に入り、ようやく梅雨明けとなりましたが、
外気は既に猛暑・酷暑のお祭り状態( ゚Д゚)!

今夏は猛暑ピークが2回ということで、例年に比べて暑い日が
長く続く感じです。
(ピーク1)7月下旬~8月初旬
(ピーク2)8月下旬~9月上旬



2017年の夏は、暑さをもたらす太平洋高気圧の張り出しが例年に比べ強く
例年は8月下旬以降に徐々に勢力を弱めるはずが、今年は9月に入っても張り出しが
強い状態が続くことから猛暑期間が長引いているようです。


そして、2017年もエルニーニョ現象の影響で
秋に吹く涼しい風があまり感じられないといった残念な状態であり

10月過ぎないと体感的に涼しく感じるのは
難しいといえます。

ただ気象庁では10月に入っても猛暑日に見舞われる日も
あるということで、引き続き熱中症などには
注意が必要とのことです(*_*)


10月は秋服が目白押しですが、個人的には
10月下旬くらいまでは夏服(秋に着てもおかしくない色合い)を
残しておいた方が良いですね!

せっかくの秋服に汗びっしょりでは恥ずかしいですもんね!


また、どうしても秋服を羽織りたい場合は
汗・臭い対策はしっかりとしておきましょう

※関連記事:脇汗が気になる人のTシャツの選び方

      外出先で汗かいたシャツや濡れた髪を乾かす方法



ちなみに10月に入るとさすがに夜は気温が下がるので
外出して帰宅が夜になる場合は一枚羽織るものがあった方が
望ましいと考えます( `ー´)ノ




立秋ではまだ涼しくならない!涼しさを実感できる時期は?

涼しくなる時期

2017年の立秋は8月7日になります。

立秋は大暑から約15日後となっていますが、
猛烈な暑さからわずか2週間ほどで秋の気配は
まだまだ感じられそうもありません(*_*;)

立秋は初めて秋の気配が立つ頃(感じる頃)という
意味であり、

秋=涼しさを実感するというまでには
まだ早いと思われます(;’∀’)


また近年は8月中旬から下旬にかけても
真夏日が続き、夜も気温が下がらない熱帯夜状態が
連日続く傾向にあります。

天気予報を見ていると、夜涼しく感じるあたりから
ようやく”涼しさを実感できる”ような陽気になると
伝えています。

ここ数年はエルニーニョ現象により
実際に涼しくなったね~と感じるのは
10月中旬~下旬にかけてとなっています。




また、気温が高く風が弱い日には
光化学スモッグが発生します!

熱中症も危険ですが、光化学スモッグで降り注ぐ有害物質も
人体への影響は恐ろしいものがあります。

※光化学スモッグ参考記事はこちら

夏の日差しは必ずしも良いことばかりではないので
外出時はもちろんのこと、屋内での過ごし方も十分に
気を付けていきたいですね!




季節の変わり目にはご注意を!

季節の変わり目に気を付けること

夏風邪というと朝晩の気温差による身体の冷えや
猛烈な暑さで体調を崩すというのはよく聞く話ですが、

実は季節の変わり目にも
風邪を引きやすいのを知ってますか?


夏風邪は概ね7月~9月上旬までを言いますが
残暑が続く9月~10月下旬までも
風邪を引きやすい時期にあたります。

※関連記事:三寒四温の時に気を付けたい症状

      残暑・熱帯夜はいつまで続く?




一番の要因は何といっても寝冷えです。

寝る時に暑いと感じ薄着や掛布団もそこそこに
寝た際に、明け方急に気温が下がり
身体を冷やして風邪を招いてしまうんです。

子供やお年寄りなど体力があまりない方はもちろん
寝不足やストレスで身体が弱っている方も
同様に風邪をひきやすくなります。


予防するためにも、明け方の最低気温が20度を下回る
ようなときは、掛布団の横にもう一枚毛布など
用意しておくのが良いでしょう!

また寝る時に多少暑くても長袖を羽織り、
冷房などをタイマーで切れる様にしておけば
明け方に気温が下がっても体調を維持できます。

寝冷えをすると風邪だけでなく、
頭痛倦怠感喉の痛み下痢といった症状を引き起こすため
十分に注意が必要です(*_*)


また、アトピー体質喘息など気管支系の病気を
持っている方は特に寝冷えは持病を併発させるので
油断できないものです。

※関連記事:喘息発作の効果的な対策




長袖はいつから用意しておく?

春物や秋物といった明確な長袖はその時期になったら用意
すれば問題ありませんが、

薄手の長袖カーディガンなどは真夏(7月~9月)でも
常に携帯しておきましょう。

外気は暑くても、屋内では冷房が効きすぎて冷え冷え・・・

といったことはよくあります。


一説によると外気と屋内が10℃以上差があるようだと
急な気温変化で体調を崩しやすくなると言われてます。

予防するためにも屋内では長袖を一枚羽織り
外気との温度差を調整するのが良いかと考えます。


Sponsored Link





ほんの20年前までは夏の最高気温が32度など
夏は暑いくらいが気持ち良い

なんていう声もありましたが、今の時期は
暑くて人が倒れるほどの気温を記録しています(40℃など)

地球温暖化が進む中、ますます夏の暑さが厳しくなるばかりです。
くれぐれも体調には気を付けていきたいですね(^^♪





Pocket

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ