【梅雨バテ】吐き気症状が出た時の対策・解消法!

Pocket

梅雨になるとバテて気分が悪くなり
吐き気症状が出ることが多くなります!

概ね6月~7月あたりが梅雨バテ時期といわれており
吐き気や胸焼けなど体調不良に陥りがちです。

そもそも梅雨時期になんで吐き気が出るのか?
また吐き気対策・解消法を解説していきます。


Sponsored Link




梅雨バテになると吐き気が出る理由

梅雨バテ

梅雨の時期は急に湿度と気温が高くなり
所謂梅雨バテ(別名:暑気バテ)」といわれる
体調不良を起こしやすくなります。

風邪などと混同しがちですが、時期的な症状である為
注意が必要です。


人は急な気温変化などが起こると、身体が変化についていけず
機能不全を起こします。

原因は自律神経の乱れからきてます。

環境変化に身体を合わせようと普段よりも余計にエネルギーを
使うため、バテ易いのもそのせいです(´・ω・`)

そして吐き気はその機能不全の最たるもので
湿度の高い梅雨時期は肝機能が正常に働かなくなり
食べ物の消化がうまくいかず →吐き気・嘔吐 となります。

6月の高温多湿時期に吐き気を覚えたら
肝機能不全=体調不調を起こしていると考え、解消するための
対策が必要となってきます。



梅雨バテで吐き気症状が出た時の対策

梅雨バテ時の吐き気症状は、至って当然の症状といえます。

身体が不調を訴えている証拠ですので
しっかりと答えてあげないといけません。


●対策1

水分補給をこまめにしましょう

梅雨バテは高温多湿の環境化で身体の体温調整が上手くいかず
気分が悪くなって吐き気症状が出ていることがあります。

春から夏にかかる時期であり、汗をかきなれていないこともあり
汗腺が鍛えられていません。

脱水症状に近い症状でもある為、なるべく塩分を含んだ
飲み物を小まめに口にすると良いでしょう!

その時、気を付けたいのが
冷たい飲み物」は避けたいところです!

吐き気症状が出ているということは肝機能が弱くなっています。

冷たい飲み物は胃腸にダメージを与えますので
身体が温まるようなホットティーなどがお勧めです!

ビールなどが美味しい季節ですが体調不良のときは
グッとこらえておきましょう( `ー´)ノ



●対策2

身体が温まる食べ物を口にしましょう

梅雨バテになると飲み物は口に出来ても食欲がなくなる
といった夏バテに近い症状がでます。

梅雨バテはそもそも自律神経の乱れ=体調不良状態ですので
体力を回復させるためにも栄養を取らなければいけません。

脂物などの胃に刺激の強いものは避けて
生姜やネギといった身体を温める食材を使ったレシピで
食事を取るとよいでしょう!

ちなみに私のお勧めは生姜・ネギを細かくして
ラーメンやウドンと一緒に煮込んで食べることです!

喉ごしもよく、バテて食欲ない時でも案外食べれます(‘ω’)ノ



●対策3

温かいお風呂に入りましょう

お風呂

暑い時期はシャワーで済ませたいと考えがちですが、
梅雨の時期こそ湯船にお湯をはって入浴しましょう!

前述しましたが、6月あたりはまだ身体が暑さに慣れて
いない為、汗をかきなれていません。

人は体温が上がった時、汗として適量の水分を外に出すことで
体温調節をしています。

汗をかきなれていないと汗腺から正常に汗が出ず、
体温調節が出来ずに体調不良を起こします。

吐き気や嘔吐とは汗腺から出ない汗(不純物)を
口から出して調節しているようなものです”(-””-)”

熱過ぎないお風呂に15分程度入ることで汗腺が鍛えられ
自律神経も安定してきますので、梅雨バテも解消されるでしょう。



●対策4

睡眠をなるべく多めにとりましょう。

梅雨バテ時に吐き気症状が出るという事は
消化不良を起こしている可能性が大です!

そんな時こそ睡眠不足などすれば余計に症状が悪化します。

色々やることがあり多忙な時期かもしれませんが
健康第一に考え、梅雨バテした時くらいは
しっかりと睡眠をとっておきましょう!


Sponsored Link




また、暑くなったり寒くなったりする時に気をつけたい
風邪・病気についてもこちらで解説していますので参考にしてみてくださいね(‘ω’)ノ



Pocket

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ