ウィリアムズ症候群の見分け方・特徴とは?

Pocket

ウィリアムズ症候群はエルフ風の顔貌など分かりやすい
特徴は別として、他にも見分け方・特徴は
あるのでしょうか

詳しく調べてみました!

Sponsored Link




ウィリアムズ症候群の見分け方・特徴

ウィリアムズ症候群

ウィリアムズ症候は約1~2万人に一人という割合ですから
日本人でもまだまだ馴染みのない症状かと思います。

幼少期に発見されるケースが大半で、それ以降で発症する場合が
あるのか詳細は分かりません。


さて、ウィリアムズ症候群の特徴・見分け方ですが
分かりやすいのは”顔”ではないでしょうか!

口が大きく、上向きの鼻、顎は小さく
おとぎ話に出てくるエルフの様な顔だちが特徴です。

他には「極端に感情が社交的」という側面があります。
要は誰とでも仲良くなろうとする行為で
知らない人にも遠慮なく話しかけてしまいます。

社交的な諸外国であれば、それ相応に対応できますが
閉鎖的な日本社会では奇異な目で見られることも
少なくありません。


現在、ウィリアムズ症候群は成長と発達の遅れや
視空間認知障害、心血管疾患といった病気として位置づけられています。

残念ながら遺伝による発症ではなく、突然変異によるものなので
完全な予防ができないことも親としては気が気でなりませんよね(*_*;



ウィリアムズ症候群の寿命は?

ウィリアムズ症候群は、単独それ自体に問題があるわけではなく
症状として現れる内科的疾患(心臓疾患など)が寿命に影響を及ぼすと
考えられています。

心疾患の他にも高カルシウム血症など、成人になっても容態は変わらず
老化とともに自立生活が難しくなり、介助・介護が必要となってきます。

幼少期に比べ、大人(成人)になると、
精神的に落ち着いてくる方もいますが、心疾患などはどうしてもつきまといます。

ウィリアムズ症候群を患いながら長生きする為には、
本人の自努力だけでなく、周りの献身なサポートが必要となるのは明白です。

全体的にウィリアムズ症候群の発症者の寿命がさほど長くないのも
病気の重大さを物語っているように感じますね(+_+)


Sponsored Link




現在はウィリアムズ症候群を完治させる方法が見つかっておらず、
各々の症状を治療する程度にとどまってます。

健康状態が常に悪化しやすいので、周りで常に目を配ってあげて、
医療機関へも相談しながら生活を維持していくのが最善方法と思われます。

特に定期健診は大事ですね!



Pocket

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ