名もなき家事・名もなき育児 分担割合は女性がダントツに高い

Pocket

家事」「育児」と定義づけするものは
妻と夫では認識に違いが大きくあり

妻は家事・育児と思っていても夫にその認識が無い
といったことは多々あるそうです。

Sponsored Link



それって家事になるの?名もなき家事の実態

名もなき家事

シングルマザー・シングルファザーを除き
家事を両夫婦が分担をしているという家庭を対象とした場合

夫が自分は家事をしていると認識していても
妻から見るとやってるうちに入らないと解釈されている事
夫は知っているのでしょうか?


●洗面所の手拭きの交換
●飲み物を飲んだ後のグラス片付け
●ゴミ捨て・・・をする前の家庭内のゴミまとめ
●洗面・入浴用のタオル補充
●切れた電球の交換
●洗面所・お風呂の排水溝掃除
●郵便物チェック
●ゴミの正しい分別


育児も同様です。

●子供の靴下・靴の履き手助け
●子供の送り迎え
●子供の歯磨き仕上げ
●子供服への名前書き
●お風呂上りの保湿クリーム
●子供の爪切り
●食事補助

オムツ交換をしている子供と遊んでいるといった
誰にでも分かりやすい内容はともかく、
育児にはとにかく手がかかり、やることもたくさんあるんです!



家事・育児を時給換算すると

ある保険会社が家事・育児を担うお母さんにアンケートを
とったところ

●未就学児の育児・世話、家事を共にした場合で
 1,413

●小学生以上の子どもの育児・家事で
 1,174

コンビニのパートでさえ上記金額をもらえるのは
都内くらいのものでしょうか(;’∀’)

そのくらい家事や育児には大変な労力がかかるということが
分かりますね。

家事・育児が名もなき○○と言われるのは
夫の労働と違い実利が無い(給料がもらえない)ことでは
ないでしょうか?

夫はと言えば、外でお金を稼いできているので
当然お小遣いもありますが、家事・育児を担う妻には
明確なお小遣い制がとられていない家庭が多いようです。

その割に家事・育児は「やって当たり前」の風潮が
依然として強く、頑張っても感謝されづらいことが
ストレスの原因にもなります。

近年は夫が家事・育児を手伝わないことが
離婚原因ともなりうる時代です。

Sponsored Link



「名もなき家事」など妻の家事負担は共働き世帯でも
高い傾向にあるようです。

家事・育児は”手伝う”のではなく、
両人で行っていくという意識が夫側には必要に感じる
今日この頃です(´・ω・`)


Pocket

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ