四股打法のストライクゾーンは広い?狭い? 利点はあるのか?

Pocket

野球の打者にはそれぞれ色々な構えがあり、
イチロー選手のようにバットを立てて構え独特のポーズをするのもあれば
中田翔選手のように大きくスタンスをとって振りかぶるものもあります。

今回取り上げる「四股打法」も相撲の四股を踏むような
構えからそう呼ばれているもので、近年では社会人野球の
高崎選手などがあげられます。

では実際に四股打法など構えによってストライクゾーンは
どのように変わってくるのか? 下記で解説してみたいと思います。

Sponsored Link




四股打法のストライクゾーンは広い?狭い? 利点は?

四股打法

そもそもストライクゾーン(の範囲)とは
バッターボックスに立つ打者の肩の上部とズボンの上部(ベルトの位置)との
中間点
がストライクゾーンの上部として、
膝頭の下部のライン下部とする空間がストライクゾーンとなっています。

よく、身長差は関係あるの?と聞かれますが
まさしく関係大ありです!

身長が高い選手の方が身体が長いので、それに比例して
ストライクゾーンも広くなります。

ストライクゾーン

とはいえ、打者としては誰しもストライクゾーンは狭い方が良いに
決まってます(´・ω・`)


四股打法では身体を沈めますのでストライクゾーンは
狭いように感じますよね?

つまり四股打法のように身体を縮めれば
意図的にストライクゾーンは狭くできるのか?

という疑問が頭をよぎります。


これには明確な回答があり、

意図的にストライクゾーンは狭くできないんです。

なぜならストライクゾーンは打者が直立した姿勢、その範囲が
基準となるため四股打法のように身体を沈めても
審判によってストライクゾーンは計算される為、

見た目に明らかに「ボール球」と思っても
ストライク”にカウントされます。

これは野球を見ている側(主にルールを良く知らない人)からしたら
「なんで?」と思うかもしれませんが、意図的にストライクゾーンを
狭められるのであれば誰でもマネしますよね(笑)

四股打法もその選手にとって球を打ちやすいから
やっているわけであって決してストライクゾーンを
狭める為にやっているわけではないということです( *´艸`)



四股打法は球を打ちやすいのか?


四股打法は下半身が安定するので、一見すると
球を打ちやすいように思えます。

ただ、打者の構えは四股打法に限らず
その人自身が打ちやすいフォームをとっているので
構えを真似したからといって同じように打てるとは限りません。

Sponsored Link




特異な打ち方ではあるので、
下半身に自信のある方は取り入れてみても面白いかもしれませんね(^^)/


Pocket

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ