仕事(職場)のストレス原因は人間関係?限界になる前の解消法!

Pocket

出勤日に風邪でもないのに
身体がダルイ」「頭痛・腹痛が激しい」「下痢が止まらない

こういった症状が出る場合はほぼ間違いなく
職場ストレスを抱えていると考えられます。

専業主婦(主夫)の一部を除き、社会人になれば男女問わず仕事という
理不尽とストレスが渦巻く厳しい状況に身を置かねばなりません(*_*;

そして仕事をしている以上はストレスから逃れるすべはなく
ストレスを抱えずに仕事をやってのけることは万に一つも不可能といえます。

そして仕事[職場]のストレスは大半が「人間関係」が原因で
ストレス原因の9割以上を占めているそうです。

今回は仕事によるストレスの原因・症状をもとに
どのように解消していくかを解説していきますので、
是非参考にしてみてください。


Sponsored Link




仕事のストレス原因は主に人間関係?

人間関係

なぜ仕事はストレスが溜まるのか?

等という、当たり前の前置きは必要ないとは思いますが

仕事は人の人生において活動期(20代~60代)の大半を占める事と
生活の基盤を確保する重要な資金源であり、
成果を求められる業務であればあるほどプレッシャーはかかります。

偏見ですが、男女どちらにしても生活の基礎を支えている方(生活を養っている方)が
ストレス度合いは大きいと思ってます。(あくまで私見です)
※参考 ストレスはなぜ溜まるのか?


仕事に携わると
同僚(同期)」「上司」「部下」「先輩」「後輩」「関係取引先」など
様々な関係の人と関わる状況が出てきます。

家族や友人関係と違い、職場というのは利害関係で人が動く為
皆が皆、ご自身と同じ考え方や性格、ウマが合うということは
残念ながらほぼありません。

これがストレスの主たる原因ともいうべき事実であり
根底に利害関係が絡んでいるからこそ派生する様々な事柄でも
ストレスが溜まる要因となるわけですね(´・ω・`)


主に職場のストレスを大別すると

・仕事の出来具合
・上司部下、同僚との人間関係
・給料や有休などの福利厚生
・飲み会や親睦会などの社内行事


となります。


仕事の出来具合
は、細かいミスを犯すストレスから自身が満足にできない業務・仕事の評価から
昇進などに関わるストレスなど仕事への姿勢が正しい人ほど
このストレスが多いと思われます。


上司部下、同僚との人間関係
は、仕事人の9割がストレスの原因として挙げ、
退職や転職の原因の最有力候補がこの理由です。

前述しましたが、人は利害関係で動いている為、自分と同じ考え方を
他人はとってくれません。
仕事の上だと特に、ビックリするくらい自己優先意識が働きます!

また対人関係なので好き嫌いといった感情的な側面も出てくる為
仕事を真面目にしていても正しい評価に繋がらなかったり
足を引っ張り合ったりと負の要因が大きい為こともストレスが溜まる大きな理由です。


給料や有休取得
といった福利厚生面でのストレスが溜まりやすいという人は
私は思い切って転職を勧めます!

対人関係はどの会社でもありますが、福利厚生は選ぶ会社で違うため
余程のこだわりや辞められない理由が無い限り
その会社に留まることは先々の人生においてマイナスに働きます。

時折、友人から転職の相談を受けることがありますが、
ストレス原因が対人でない場合、私は即転職を勧めてます(/ω\)


飲み会や親睦会
など、通常業務以外での行事にストレスが溜まるケースがあり
大企業、中小企業関わらず、様々な取り組み(行事)を行う会社が近年は多く見られます。

社員旅行や懇親会などは以前からも多くありましたし
一昔前までは参加が原則とみられてました。

ただ最近は社内行事に積極的に参加する人たち(主に若い人たち?)が少ないそうで、
行事自体も以前と比べると趣向を凝らしバラエティー豊かにして
参加頻度を上げるため企業側も試行錯誤をしているとききます。

飲みニケーション

飲みニケーションという言葉も今は死語扱いですね。

ちなみに私自身は飲み会が好きで節度を守った形式であれば
どんどん参加したい一人です(^^)/

しかし、以前在籍していた会社はパワハラともいうべき飲み会で
終電だろうが何だろうが飲み会で上司の前に帰ることは
絶対許さない!という風潮がありました。。

終電を気にしてお暇しようものなら
何帰ろうとしてるの”(-””-)”?」と睨み付けられる始末(;・∀・)

まさにブラック企業の象徴とも言えるべき会社そのものでした(笑)

このような状況を見ると飲み会に積極的に参加しづらくなるもので
ストレス要因の一つになってしまいます。



ストレスが溜まりやすい人の傾向

上述したストレス原因もあくまで要因であって
それをストレスと感じるかは人それぞれです。

故に物事をストレスと感じる、ストレスと受け取りやすい人には
ある程度の傾向があると考えます。

以下は例として挙げますので、
自分でストレスが溜まりやすいと感じる方は参考にしてみてください。


きめ細やかな、気配りができる人(几帳面タイプ)

何事にも細やかで気配りができる人というのは
ストレスを溜めやすい傾向にあります。

気配りができるということは、細部まで目配り気配りができるがゆえに
要らぬことまで気を遣ってしまいがちです。

このような方は大雑把で無神経な人に苛立ちを覚えやすく
人一倍人の目を気にするためストレスが溜まってしまうんですね。



真面目で責任感が強い人

こちらは悪く言うと「神経質タイプ」に属する為
何事にも完璧を求め、他人に対しても厳しい目をもっています。

気概としてはとても熱心で、自分に厳しく、負けず嫌いという
ストイックな性格なのですが、得てしてそれを他人にも求めてしまう為
ストレスを抱えがちになってしまいます。

性格的に寛容さがあればストレスが溜まりづらいのですが
短気なタイプですと間違いなくストレス溜めこむタイプです。

短気


地位や肩書、名誉など人の評価が気になる人

プライドが高い、自尊心が高いなど人の目、評価ばかり気になってしまう人は
神経の使い過ぎからストレスが溜まりやすい傾向にあります。

地位や肩書にこだわることは問題ないのですが
過剰に気にしずぎて気持ちを追い込んでしまっては元も子もありません。

出世や昇進などは本人の実力だけで成し遂げられるものではない為
人事を尽くして天命を待つ」くらいの楽観的な気持ちを持つことは
非常に大事かと思います。



内向的でこだわりが強い人

内向的で些細な事でもクヨクヨ考えがちなタイプは総じて理想が高く
思い通りの状況にならないとイライラしてしまいがちです。
性格が内向きであるだけに中々人に相談できずストレスが溜まりやすい
傾向にあります。



自己愛タイプ

いわゆる自分は偉大で特別な存在、完璧な人間だと思い込む一種の
パーソナリティ障害を持つタイプです。
何事も自己中心的な考えを持っている為、何かに挫け、失敗すると
自己の反省をせず他人を責めてしまうという対人コミュニケーションが
上手くいかずストレスを抱え、最悪はうつ状態になってしまいます。


上記とは別に、男女や年代別でもストレス傾向は変わってきます。
ストレス症状は男女で違う?

一概に上記に当てはまる=ストレスが溜まりやすいと考えるのは
早計とも受け取れます。


職場ストレスが溜まるとどうなる?


ストレスは精神の不調である為、溜まり過ぎると体調不良・病気に
繋がります。

ストレスにまつわる症状も様々あり、また人それぞれである為
原因がストレスから来るのか、それ以外なのかもハッキリさせる必要があります。

自己診断が難しい場合は専門医など医療機関にかかってみるのも
良いでしょう。


さてストレス原因の症状にはどのようなものがあるのでしょうか?

以下に一例をあげますので参考にしてみてください。

イライラ・カッカしやすくなる
 →いわゆる精神の乱れであり、短気になりがちな傾向にあります。
  また同時に注意力が散漫になると言われてます。

イライラしやすくなる

不眠症
 →ストレスが溜まると気持ちに余裕がなくなり
  夜眠れなくなる=不眠状態になるそうです。

偏頭痛・下痢
 →頭痛や下痢といった身体内部の機能が異常をきたします。

気持ちが鬱(うつ)になる
 →ストレス症状の鉄板ともいえる「うつ状態」になります。
  精神が不安定であるため集中力などが低下し、注意が散漫になるため
  仕事の能率は落ちますし、周りへの気配りもできなくなり人間関係にも
  悪影響を及ぼします。

うつ状態

胃潰瘍(いかいよう)
 →「ストレスで胃が痛い」と言われる症状で
  ストレスが急激にかかると胃酸によって胃の粘膜組織が破壊され
  胃に穴が開くという病気に繋がります。

メニエール病
 →ストレス性難聴、耳鳴りといった自律神経の乱れからくる症状で
  女性に多い症状の一つです。

過換気症候群(かかんきしょうこうぐん)
 →過呼吸から動悸が激しくなり、眩暈や胸の痛みといった
  呼吸器系に異常をきたします。


少しのストレスであれば上記のような症状は出ず、
逆に良い緊張状態に置かれることで気持ちも身体も好調になる傾向にあります。

身体の不調をきたすのであれば問題ですが
全くストレスが無いと、気が抜けて逆に体調が悪くなるといった事もあるそうです。

例えば会社を定年退職した後、認知症になってしまう高齢者というのも
仕事によって生まれる適度なストレス(緊張状態)が無くなるから、
とも言われてます。



ストレス解消法に最適な方法

ストレス解消法

さて、職場ストレスは非常に厄介ではありますが
最適な解消法は様々あります。

仕事以外でストレスが無いことが前提で解説していきますので
職場以外でも家庭や他にストレス原因がある場合は
下記はあくまで参考までとしてくださいね(/ω\)



トイレで一息
 →業務中にどうしてもストレスで我慢ならない場合はトイレで一息いれましょう!
  具合悪いフリでも何でも構いません、少しの間席を外しても問題ないよう
  周りにアピールし、トイレでゆっくりしましょう。
  音楽聞くのも良し、携帯いじって気分転換するも良し、とにかく仕事から意識をずらしましょう!


嗜好品(食事、タバコ、お酒 など)
 →食べる事が好きなグルメな方は食事に楽しみを持っていき
  煙草やお酒が好きな方は適量を嗜むことを
  楽しみとしてください。

  ここで間違っていけないのは、タバコやお酒も「惰性」で
  嗜んではいけないという事です。

  お酒を飲むこと、タバコを吸う事を”極上の楽しみ”と
  自分に暗示をかけるようにして楽しむことが重要です。


音楽を聴く
 →好きな音楽を耳を痛めない程度の音量で
  自分の世界に浸れるよう目を閉じてしっかり聴いてみましょう!
  
  仕事から意識が無くなり、音楽でリズムを刻むことは
  一種の気持ちの解放感に繋がり精神衛生上とても良い行為です。

カラオケ

  また大声を出すのもストレス発散には良い効果をもたらすため
  カラオケなど好きな歌を思いっきり歌う行為は望ましいといえます。


料理をする
 →料理としましたが、趣味であれば陶芸でもゴルフでも構いません。
  仕事から離れて、意識と集中力が他に向くようにすることが
  非常に大切です。


睡眠を十分にとる
 →これは何よりもお勧めしたい方法で、
  睡眠を十二分にとってください!
  
  ストレスで不眠症の場合は他の方法を勧めますが
  そうでない場合はとにかく寝る事です!

  大げさに言えば「10時間以上」は寝た方が良いです!
 
  睡眠はストレス解消の活性剤としてはうってつけですので( *´艸`)



ストレス解消法は様々ありますが、
総じて「意識」を他にずらしてあげることが重要です。

職場でストレスを抱えると、どうしてもその事ばかりを考えがちです。

考えて解決しないといけない課題もあると思いますが、
その事ばかりを考えていてもストレスが溜まる一方で、
ストレスを抱えていると良案も思いつきません。

思い切って他の事(嗜好)に気持ちをシフトする勇気が必要となってきます!


Sponsored Link




職場ストレスは一概には語れません。

様々な原因・要因が重なってご自身に襲い掛かってきます。

どうしても、どうしても逃げ切れない、交わしきれない、
現状況を打破できない!

という時は退職(転職)を真剣に検討しましょう!


転職となると、それなりに時間や労力がかかります。

ストレスに押しつぶされて気持ちがナーバスになっていると
転職も成功しません。

見切りをつけるタイミングもご自身の気持ちに少しでも余裕がある内に
行っておくことが肝要です。

気持ちに余裕が少しでもある内こそ、先々の事を考えるチャンスと
思って考動していきましょう( `ー´)ノ




Pocket

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ