【入学祝い】のし袋のお金の入れ方・名前の書き方・水引は必要?

Pocket

入学式の時期に悩ましいのが入学祝いであり
正しいお金の入れ方名前の書き方・ご祝儀袋(のし袋)を選ばないと
大変失礼にあたります。

内容自体はさほど難しくないので、一回覚えてしまえば先々ずっと使える
作法なので便利です!

せっかくお祝いを渡すのに恥をかくのは損ですし
ここでしっかりと正しいやり方を確認してみてください(^^♪


Sponsored Link




のし袋へのお金の入れ方【注意点】

のし袋へのお金の入れ方

のし袋にお金を入れる前に、まず用意するのが入れるお金ですが、
これは必ず新札(折り目のついていないピン札)を用意しましょう。

尚、新札は世間一般に出回っているわけではない為、必ず事前に
準備しておきましょう!
新札(ピン札)は郵便局などにいけば、旧札と交換してもらえます。

のし袋を買っても意外と新札の準備を忘れてしまいがちですので
注意してくださいね(;・∀・)

ちなみに私はいつ、どんな時に新札が必要になるか分からない為
手元に数万円は必ず新札を置いておくようにしてます。


さて、実際にお金の入れ方ですが、
必ずお札に印刷されている人(概ね福沢諭吉ですが)がになるよう
入れていきます。

お札は表向き

そしてお札の顔が手前(のし袋の入口側)になるよう
入れていくの正しいマナーです。


中袋には金額と名前・住所を記入するのですが、
袋によっては金額の記入欄が有るものと無いものがあります。

金額記入欄が有るものは袋の裏側に欄が設けてある為、そちらに記入します。
表面には名前と住所を書きます。

逆に金額記入欄が無い場合は、表面に金額、裏面に住所と
名前を記入します。

金額記入欄の有無で、表裏が逆になることを覚えておきましょう!

尚、金額の書き方は、初めにと書き、終わりにとします。

例:金 壱萬円也  ←縦書き


原則、旧字体による漢数字での書き方が一般的ですが、
近年は簡単な漢字を用いる人もいるようです。


また下記の動画でも入れ方を詳しく解説してますので
見てみてください。




ちなみに慶弔見舞金など弔事の場合、新札はNGとなっています。
故人の死はオメデタイものではないので、新札を用意して祝っている感じを
出さない為、折り目のついたお札(通常の旧札)をもっていきます。

また、あえて新札を折り曲げて旧札と見せる場合もあるようです。



のし袋への名前の書き方(表書き)

まず書き方のマナーとして毛筆(筆ペン)で書くようにします。

よくボールペンやサインペンなどマジックインキで書く方がいますが、
正式なマナーとしては毛筆の使用が一般的ですので行事用に一本
用意しておくと便利です。

また、お祝い事なので毛筆は濃い墨であることが重要です。
逆に弔事は薄墨となります。

入学祝いの表書きには、結び目の上部に
入学祝」「御入学祝」「祝 御入学」といった記述を
します。

そして結び目の下に、ご自身の名前(フルネーム)を記入するのですが
一般的な作法です。

注意点として、夫婦で贈る際などは世帯主の名前だけの場合と、
連名の場合があります。

連名の場合は世帯主(夫)をフルネームで書き、その左に妻の下の名前のみ
記入します。

下記の動画も参考にしてみてください。



ちなみに、名前は表書きの字よりも小さくなるよう
文字の大きさを調整するようにしましょう。



水引は必要?のし袋の選び方

入学祝いは御祝として贈るので
水引」は祝儀の基本マナーとして必要と思われます。

水引の種類には
・一度結んだら解けない「結びきり
・解いて何度も結ぶことが可能な「蝶結び

があります。


用途としては
結びきり
 ・結婚・お悔み・快気祝い・ケガや病気のお見舞い
  ※二度と繰り返してほしくない、二度してはいけない事。
  一度だけが良い事


蝶結び
 ・出産祝・入学祝・成人、就職祝い・還暦祝いなど長寿祝・誕生祝
  お年賀・暑中見舞いなど
  ※何度あってもメデタイ、嬉しい祝い事


また水引は印刷タイプと水引が別になっているタイプがあります。

祝い金が1万円程度であれば印刷タイプを使用しますが
それ以上は水引が別になっているタイプを使用しましょう!

水引が印刷タイプ
※印刷タイプののし袋

そもそも1万円を超える祝い金の場合は婚礼など特別な時以外は
使用する機会もほぼないと思います。

余談ですが、葬儀などの弔事に用いられるのし袋は、不祝儀袋と呼ばれます。


Sponsored Link




また、最近は祝儀袋(のし袋)も多種多様なものが出てきており
入学祝いでも「ランドセル」のイラストが入ったものなど
水引はどこへやら~と思わせるような袋を見かけます( *´艸`)

本来、水引はマナーとして必要なものでしたが
貰い手はお子さんになるので、可愛いデザイン・イラストが
入っている方が喜ばれるのかもしれません。

ランドセル のし袋

※画像をクリックするとAmazonページにとびます

甥っ子や姪っ子、親戚のお子さんなど贈る方は様々ですが
大人としてはしっかりとしたマナーを心得ているという姿は
見せていきたいですよね(^^♪



Pocket

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ